etoile studio

肌が綺麗に写るし、衣装のディテールもクッキリと出ている。背後の自動販売機も綺麗でいいことづくめ。

順光で撮っても顔が綺麗に写る方法! 〜人物撮影は順光か逆光か、逡巡を繰り返す〜

このブログでしつこいほど、野外でポートレートを撮るときは逆光がむしろセオリーということを言い続けてきた。逆光で撮れば、人物の顔に影も落ちないし、柔らかい質感で肌が写るし、何より髪に光が帯び、リムライトの役割を果たしてふん […]

続きを読む ⏵

55mm | F9 | 1/125s | ISO1600 | M

雑誌の取材や記者会見風に撮る方法! 〜イラストの再現を試みる際の5つの心得〜

スマホでイラストをさっと渡されて、記者会見や雑誌の取材風にストロボが焚かれている感じで撮って欲しいと言われた。 イラストを再現して欲しいという依頼はこれまで撮ってきて何度もあった。こういうときはカメラマンの腕の見せ所とな […]

続きを読む ⏵

少人数の集合写真なら、壁バウンスで簡単に綺麗な写真が撮れる!

壁バウンスでお手軽ライティング!ストロボ1つで集合写真もカンタン綺麗に撮れる!

スタジオ撮影と言えば、ソフトボックスやアンブレラを使って一灯や多灯ライティングで決めるという方法が、コスプレ撮影では定番となりつつある。 しかし5人くらいの併せの撮影となると、多灯でも全員に均等に光を当てるのは難しい。ま […]

続きを読む ⏵

絞り開放で撮るときには、環境光を考慮に入れるのもよい。

フリッカー現象を避けるためのシャッタースピードと演色性の影響について

コスプレ撮影をしていると関西のいろんなフォトスタジオに足を運ぶことになる。多いのが昭和40年代くらいに建てられたであろう古い雑居ビルやマンションの一室をスタジオに改装したところだ。 ストロボ撮影をしていると気づかないが、 […]

続きを読む ⏵

model:Riruru

F値の変化で背景の美しさが変わる!黒ホリゾントの壁の色をストロボで変える時に気をつけたいこと

黒ホリゾントで背景の壁にストロボで色をつけて撮る場合。絞りをF8〜F10まで絞ってくっきり撮るべきか、F1.4のような開放の設定で撮るべきかは迷うところだ。なぜ迷うのか。 まずF値を上げると、写真が暗くなる。写真が暗くな […]

続きを読む ⏵

先ほどの写真よりも印象的になった。

黒ホリゾントでストロボを使って神々しい写真を撮る方法!〜リムライトの作り方〜

黒ホリゾントで壁にストロボで色をつけて撮影していたのだが、そろそろ別の絵が欲しいなということになり、せっかくの黒ホリだから背景を黒で撮影してみることにした。 しかしただ黒だけだと寂しくもあるし、髪や衣装の色が黒だったので […]

続きを読む ⏵

Canon DPPでシャドウを-1に設定。

暗いスペースでストロボを光らせても暗い写真を撮るには? 〜アンブレラと比較したソフトボックスの有用性〜

ソフトボックスとアンブレラ、女の子を撮るにはどちらが有用だろうかと、これまで当ブログでも何度も取り上げてきた。今回は別の角度からソフトボックスの有用性を検討していきたい。 暗いスペースで暗い写真を綺麗に撮るにはどうしたら […]

続きを読む ⏵

1 / 712345...最後 »