etoile studio

アップ目に撮ると、感情がよく伝わってくる。

ソフトボックス1灯で男装を撮る!

カメラの上にストロボを取り付けて正面からモデルに向かって光らせるよりも、ストロボをカメラから離して、モデルのサイドから光らせる方が、被写体は綺麗に写る。小型のディヒューザーをストロボに取り付けると光が柔らかくなり綺麗に写 […]

ストロボを使わない方が上手く撮れることもある。

ストロボを使わない方が綺麗に撮れることもある 行燈編 – ISO感度を上げて撮るとき #13

時にはソフトボックス+スロトボや、アンブレラ+ストロボで撮るときよりも、その場にある環境光を使って撮った方が、イメージ通りに撮れることがある。それも綺麗に。 スタジオのスペースによっては苦手な場所もある。どう撮ればいいの […]

モデルだけでなく、背景もストロボで明るくしてみよう。

暗い背景はストロボで明るく持ち上げてみよう

集合写真を撮るときはF値を8から11くらいまで絞る。すると描写が解像感に溢れ、メンバー全員クッキリと写る。 しかしそれだけ絞るという事は、写真が暗くなるという事でもある。この暗さをどのように補うかといったら、被写体にスト […]

こうして2048pixelを1024pixelに縮小表示すると、全員にピントが合っているように見える。

斜めフォーメーションの奥行きのある集合写真で、全員がボケずに均等な明るさで撮る方法を探る

集合写真、横一列なら撮るのは簡単。全員にピントが合いやすいからだ。ライティングも2灯で全員に均等に光が行き渡るように撮れる。 問題は被写体が前後するときだろう。それも2列とか3列とかではなく、5列分くらい。今回は斜めの配 […]

V字型の集合写真をスタジオで撮るときに気をつけたいこと。

V字型の集合写真をスタジオで撮る際に気をつけたい1つのこと

コスプレ撮影の後には、JPEG変換中にその日撮影した写真データを見ながら一人反省会をするのだけれど、今回は5人の集合写真。 さて集合写真を撮るときはまずライティング機材の選択から始まる。スタジオの広さ、キャラクター、人数 […]

肌が綺麗に写るし、衣装のディテールもクッキリと出ている。背後の自動販売機も綺麗でいいことづくめ。

順光で撮っても顔が綺麗に写る方法! 〜人物撮影は順光か逆光か、逡巡を繰り返す〜

このブログでしつこいほど、野外でポートレートを撮るときは逆光がむしろセオリーということを言い続けてきた。逆光で撮れば、人物の顔に影も落ちないし、柔らかい質感で肌が写るし、何より髪に光が帯び、リムライトの役割を果たしてふん […]

55mm | F9 | 1/125s | ISO1600 | M

雑誌の取材や記者会見風に撮る方法! 〜イラストの再現を試みる際の5つの心得〜

スマホでイラストをさっと渡されて、記者会見や雑誌の取材風にストロボが焚かれている感じで撮って欲しいと言われた。 イラストを再現して欲しいという依頼はこれまで撮ってきて何度もあった。こういうときはカメラマンの腕の見せ所とな […]

model & retouch : Airi

風景写真のような人物写真 – 光と陰を探す

撮影に入る前に、「人物小さめで、本当にどこにいるのかいないのか分からないくらい小さめで、風景写真のように撮って欲しい」と言われた。「暗めで、彩度も落として欲しい」という。「ユージさんが『これ良い感じ』という風にしあげても […]

少人数の集合写真なら、壁バウンスで簡単に綺麗な写真が撮れる!

壁バウンスでお手軽ライティング!ストロボ1つで集合写真もカンタン綺麗に撮れる!

スタジオ撮影と言えば、ソフトボックスやアンブレラを使って一灯や多灯ライティングで決めるという方法が、コスプレ撮影では定番となりつつある。 しかし5人くらいの併せの撮影となると、多灯でも全員に均等に光を当てるのは難しい。ま […]

絞り開放で撮るときには、環境光を考慮に入れるのもよい。

フリッカー現象を避けるためのシャッタースピードと演色性の影響について

コスプレ撮影をしていると関西のいろんなフォトスタジオに足を運ぶことになる。多いのが昭和40年代くらいに建てられたであろう古い雑居ビルやマンションの一室をスタジオに改装したところだ。 ストロボ撮影をしていると気づかないが、 […]

model:Riruru

F値の変化で背景の美しさが変わる!黒ホリゾントの壁の色をストロボで変える時に気をつけたいこと

黒ホリゾントで背景の壁にストロボで色をつけて撮る場合。絞りをF8〜F10まで絞ってくっきり撮るべきか、F1.4のような開放の設定で撮るべきかは迷うところだ。なぜ迷うのか。 まずF値を上げると、写真が暗くなる。写真が暗くな […]

先ほどの写真よりも印象的になった。

黒ホリゾントでストロボを使って神々しい写真を撮る方法!〜リムライトの作り方〜

黒ホリゾントで壁にストロボで色をつけて撮影していたのだが、そろそろ別の絵が欲しいなということになり、せっかくの黒ホリだから背景を黒で撮影してみることにした。 しかしただ黒だけだと寂しくもあるし、髪や衣装の色が黒だったので […]

ソフトボックスとアンブレラの2灯ライティングで撮影。

ツーショットを撮る時の理想的なライティング

2ショットの写真を撮るときは、どのようなライティングにするべきだろうか。撮影してきたのは刀剣乱舞の大和守安定と加州清光の正装。男装を撮るときは一灯で撮りたいと思うものだが、ツーショットでの撮影の場合、一灯で撮ると、どうし […]

Canon DPPでシャドウを-1に設定。

暗いスペースでストロボを光らせても暗い写真を撮るには? 〜アンブレラと比較したソフトボックスの有用性〜

ソフトボックスとアンブレラ、女の子を撮るにはどちらが有用だろうかと、これまで当ブログでも何度も取り上げてきた。今回は別の角度からソフトボックスの有用性を検討していきたい。 暗いスペースで暗い写真を綺麗に撮るにはどうしたら […]

明るい雰囲気の場所で明るく撮るのは意外と難しい。

お菓子の家のスペースでストロボを使って明るい写真を撮る方法!

ハコアム大阪のお菓子のスペース。やはり女の子はこういうスペースが好きなのだろうか。男の僕から見るとあまり惹かれないスペースなのだが、その理由の一つに簡単に綺麗に撮りにくいというのがある。 なぜかというに、まず普通の設定で […]

ストロボを使って神々しい光を演出してみよう。

ストロボを使って神々しい光を演出する方法!

人物写真を豪勢なスタジオで撮っている最中、何か足りないな、と思うことがある。なんだか寂しい。 そういう時こそストロボの出番だ。この場合はどう使うかというと、天使のような雰囲気を出すために、光をファーーーーっと演出してやれ […]

その場にある照明だけでも夜ポートレートは撮れる。

その場にある照明を使って、夜にポートレートを撮ってみよう

人の混雑する場所ではストロボを使ってポートレートを撮るのが面倒臭い。というわけでストロボのスイッチをオフにしてカバンの中にしまい、その場にある照明だけで撮ってみようということになった。 今回ストロボを使わなければならなか […]

ハロウィンスペース、どう撮るのが理想的?

スタジオのハロウィンスペースで背景を活かして撮るには、どの設定が一番理想的?

今日はハロウィン。ということで先日ハロウィン仕様のハコアムに行ってきた。本当は別のイベントに行く予定だったのだけれど、台風が接近して雨予報になってしまったので、急遽スタジオでの撮影となった。 せっかくのハロウィン仕様なの […]

ストロボとカラーフィルターを使えば、いかようにでも変えられる。

キラキラゾーンでカラーフィルターとストロボを使って色を変えてみよう

ハコアム大阪の3階と4階が全面改装され、新しいブースも出来、ハコアムで撮って欲しいという依頼が増えた。2月は10回くらい撮影予定が入ったのだけれど、飽くまで趣味の撮影なので、お金が入ってくるわけでもなく、チケット代も嵩み […]

ストロボとカラーフィルターを使って壁の色を変えてみよう。

背景の壁を思い通りの色や明るさで撮ってみよう

自然光の入らないスタジオでストロボを使って被写体を明るく照らす場合、陥りがちなのが背景が暗くなってしまう事だ。 なぜ背景が暗くなるのか。ストロボ光が背景にまで届かない他にも、ストロボでモデルを明るく出来るので、ノイズが極 […]

ストロボで炎を再現。モデルの表情もキリッとしていて、臨場感のある写真になった。

映画やドラマのワンシーンのように燃えさかる炎をストロボで再現!

「武士」「炎」というキーワードを連想した際に、真っ先に思い浮かぶのが本能寺の変だ。子供の頃から観ているNHKの大河ドラマでアレだけ頻繁に放送されていれば、結びつかないわけがない。 そこから更に想像の翼を広げて、架空の人物 […]

精密な再現にこだわると、細かい配置調整が必要となる。

火を噴くガトリング砲を多灯ストロボで再現!!

多灯ストロボ撮影は楽しい。ストロボを使いこなすことが出来れば様々な表現が可能となる。 一見難しく思える多灯ストロボだが、1度コツを掴むと簡単に綺麗でドラマチックな写真を撮ることが出来る。誰でも慣れないことを始めた時は動き […]

白ホリゾントで撮影。背景を灰色にすればシックでいつもとは違う雰囲気の写真に!

白ホリゾントで背景を灰色にして撮る方法!オシャレなファッション風写真に仕上げる!

フォトスタジオの白ホリゾントは、背景を白にして人物写真を撮れる人気スポットだが、背景を灰色にして撮る事も出来る。 白ホリゾントで背景を灰色にして撮っていたら、或るレイヤーさんから、「どうして白の背景が灰色になるのか分から […]

スタジオ撮影のコスプレ集合写真は難易度が高い。

集合写真の撮り方が楽な理由と難しい理由

集合写真と聞くと、カメラを担当する人は身構えるかも知れない。大勢の人を撮るという行為は難しいイメージが付きまといがちだ。 集合写真の撮り方は意外と簡単だ。特に卒業写真や入社式など、記念撮影的な集合写真は皆が秩序正しく整列 […]

元は黒いカーテンだが、カラーフィルターを付けたストロボをカーテンに向けて光らせて色を変える事が出来た。

黒いカーテンの色を変えると写真の雰囲気もガラッと変わる!覚えて得するストロボマジック!

あんスタ併せを撮りにハコアム大阪のライブステージ風の場所に行くと、背景に黒いカーテンが敷かれていた。本物のライブハウスは暗い。だから黒いカーテンは暗さを演出するのにはちょうど良い。 しかし今回テストショットをして思ったの […]

ストロボやクロスフィルターを使って、ライブスペースの雰囲気を自分の好みに作り替える。

ライブステージでストロボとLEDライトを駆使してリアルなライブ風に撮る方法!

ハコアム大阪の4階が大幅改装されてから、レイヤーさんから行こう行こうと誘われる事が多くなった。2月は計4回、チケット代としてハコアムに12,000円ほど落としている計算になる。3月以降の未定の予定も2件控えている。 ライ […]

水撮影もスモーク撮影もただただ楽しかった。12時間が苦にならない。

水撮影の極意 -連写を使わずに水飛沫を撮るトリック-

水撮影と聞くと、ストロボを当てて連写で撮るというイメージが強いかも知れない。しかしCanon 1DXやNikon D5等のプロフェッショナル用の一眼レフデジカメを使用しているカメラマンなら経験がおありかと思うが、暗い場所 […]

ストロボ光が光っている時。

スタジオ撮影でISO感度を上げなくても良い時

スタジオでストロボを使って撮る場合、ISO感度・シャッタースピード・F値、すなわちカメラ側の調整と、ストロボ側の光量の調整、どちらを優先したら良いのか迷うことがある。 野外でストロボを使って撮る場合は、各設定にこだわる必 […]

ピンクの服も、ベッドのシーツも、カーテンも白飛びせずに撮ることが出来た

ピンク系のふんわりした衣装や可愛いスタジオの内装を白飛びさせずに撮る!

もうずいぶん前になるが、ロリィタファッションがとても似合うファンシーな内装のスタジオで、ラブライブ!の大型併せを撮ったことがあった。あの頃はルーセントアンブレラを使ったストロボライティングに凝っていたので、何でもかんでも […]

多灯ストロボの光量設定は感覚的でよい。

ストロボの光量設定はコーヒーに入れる砂糖の匙加減と同じ

多灯ストロボは難しいという人が多い。しかしストロボの設定を一度覚えれば、後は簡単。マニュアルモードで、自分で光量を決めるだけだ。 ストロボA・ストロボB・ストロボC。三つのストロボの光量を決めるとする。コーヒーに入れる砂 […]

背景を白く飛ばすには、ストロボ何灯必要かな?

白ホリで背景を白く飛ばすには、ストロボは何灯必要?

白ホリゾントで背景を飛ばしたい場合、カメラマンであるあなたは何灯のストロボを使うだろうか。僕は1灯だけ使っている。そして家に帰ってデータを見てからいつも後悔する。 ストロボの光量が足りなかったのか、それとも24mmの照射 […]

白飛びしない撮影方法を考えてみよう。

白ホリで白い衣装を撮る時に、白飛びを防止する方法

白飛び防止って大変だな、と最近痛感することが多い。衣装が白、ウィッグが黄色や水色、白ホリの背景が白。白飛びする要素が多いと、あれこれ悩むことになる。 何が難しいと言って、顔を白く明るく綺麗に撮りながら、白飛びを防ぐ事ほど […]

1 / 3123