etoile studio

文字入れを想定して、あらかじめスペースを空けて撮る!

文字入れのために敢えて頭の上にスペースを空けて撮る!
文字入れのために敢えて頭の上にスペースを空けて撮る!

集合写真を撮っている際に、上の方にスペースを開けて撮ってみた。正面、傾け、様々なポーズ、色々構図を撮りながら撮っているとネタも尽きてくるわけで、最終段階の仕上げとして上のスペースを空けるという挙行に及ぶ。

通常の人物撮影では、上にスペースを空けるとバランスが悪くなるので、何らかの理由がないと行われない。今回のように背景が一色の場合は無駄に空いているだけのスペースになる。大抵人物の上に大きくスペースが空いている写真というのは背景を入れたい場合だ。

ではなぜ今回上にスペースを空けたかというと、文字入れを想定したからだ。カラフルな壁一色に後からPhotoshopで文字を入れればオシャレな写真に仕上がる。という考えがあってのこと。

写真を見せたら、「これはもう『サマー』て入れるしかないなぁ」とレイヤーの一人が呟いた。A3の夏組合わせだからサマー。

そうして出来上がった写真が冒頭に掲載した写真になる。

「コスプレ写真はコスプレイヤーとカメラマンの共同作業」とは、まさにこういうことなのだろう。