etoile studio

スローシャッターで雨を線のように撮る。

雨を線の形で撮る方法!

おそらく1年半ぶりに雨撮影を敢行してきた。この日は朝から雨。正直雨の日の撮影はきつい。何がきついかと言ったら、荷物が重くなる。雨撮影をするとなると野外でもストロボを数台と小型三脚を持っていかなければならない。それにストロ […]

白レフ。銀レフを当てて撮った写真と比べると、モデルと周囲との明るさが調和している。

リバーモールのローズガーデンで素敵なポートレートを撮る方法!

リバーモールのローズガーデンがとても美しい造形で、休日のコスプレイベントの際に撮ってきた。薔薇のトンネルのようで、そこはまるで秘密の花園。天気も良く、薔薇も女の子も映える。 こういう素敵な場所に来ると、まずどう撮れば女の […]

70mm | 5s | F11 | ISO:50 | M | landscape | NDfilter ND8

滝撮影に理想的なカメラの設定とレンズ! 幻想的な滝を撮るためのスローシャッターを極める!

赤目四十八滝の名物である数々の麗しい滝の姿を撮りに行こうと電車に乗り込んだはいいが、スマホで撮り方を検索してみると、快晴の日は避けて曇りの日に撮るのが良い、というような一文が出てきた。この日はあいにくの快晴。日本晴れなの […]

冒頭の写真を再掲。ストロボを当てたような感じもする。

晴れた日にはレフ板で 〜白レフと銀レフの表現の違い〜

野外撮影ではレフ板は必須だ。モデルの顔にかかる影を飛ばしたり、アイキャッチを入れたり、女の子を可愛く撮るための秘訣が詰まっている。 さてこのレフ板、通常は両面になっていて、片面は白、片面は銀となっている。丸いレフ板でも板 […]

ホームに入ると途端に暗くなるエヴァ新幹線。しかし暗闇の中で光るフロントライトが起動するエヴァ初号機のワンシーンのよう。

エヴァ新幹線再び! JR新神戸駅での4通りの新幹線の撮り方

5月13日のラストランの前にもう一度走っているエヴァ新幹線500系を撮っておきたいと、再び新神戸駅の地に降り立った。降り立ったと言っても近所なので気軽に行けるのだけれど。 着いたのは新大阪行きが来る5分前のギリギリ。市営 […]

京都水族館には京の海と呼ばれる幻想的な大水槽がある。

水族館で魚やイルカショーを綺麗にかつステキに撮る方法! 〜暗くても綺麗に撮れるカメラの設定やレンズのお話〜

お魚にはあまり興味がないので水族館に行くのが特段好きというわけでもないのだけれど、ウェブで検索して出てきた京都水族館の写真を見たらとてもフォトジェニックな場所だったので、試しに行ってみることにした。はじめは興味がなくても […]

このような木々を背景にした場合、串刺し構図はどこまで許容範囲となるか。

串刺し構図はどこまで許容できるか 〜映画やアニメから学ぶ構図のあり方〜

前回の記事では背景や相方の暈けの量、構図を見極めるには映画やアニメを参考にすると良いという話をした。 背景や相方のボケの量はどれくらいが良いの? 〜映画で学ぶボケと構図のススメ〜 映画やアニメを見ることで、自分なりに答え […]

50mm | F2.8 | 1/100s | ISO1000

白系のスタジオでスモークを焚いて幻想的な写真に!

ダーク系のスタジオでスモークを焚いて撮る予定だったのだが、スタジオの予約が取れなかったということでお隣のホワイト系のスタジオで撮ることになった。 ブルジョワの部屋みたいなイメージの明るいスタジオだったので、今日はスモーク […]

55mm | F1.4 | 1/125s | ISO200

スタジオでピンショットを撮るときのF値の設定は?

スタジオでピンショットを撮るときのF値の設定をどうするか、当時の撮影を思い出しながら考察していきたい。 基本的にスタジオ内の人物撮影の場合は絞って撮った方がくっきりと写るから良いのだが、どうしてもぼかしたくなるときがある […]

スタジオ内でグループ撮影するときに理想的なF値を追い求める。

スタジオで4人の集合写真を撮るときに理想的なF値を巡る冒険

スタジオ内で四人の集合写真を撮るときは、どのF値に設定して撮るのが理想的か。言い換えると、4人全員にピントを合わせるように努力しつつ、背景を多少なりともぼかしてしまうべきか。それとも背景もくっきり写してしまうべきか。 同 […]

夕焼けが起こるメカニズムから、より赤い有価家になる気象条件と、カメラの設定を探る。

空が夕焼けに染まる気象条件と、夕焼けをより赤く撮るためのカメラの設定

なぜ夕暮れ時に空は赤く夕焼けるのか。また夕焼けないときがあるのはなぜか。綺麗な夕焼けの写真を撮っていると、そのような科学的な疑問がふと湧いてくる。 先日大阪梅田にある梅田スカイシティ空中庭園展望台に夜景を撮りに行こうと思 […]

ピーカンの日でも影が出ない美肌ポートレートを撮る方法。

顔にかかる影バイバイ!レタッチいらずの美肌ポートレートを撮るための7つの方法+α!

先日ツイッターのタイムラインに衝撃的な記事が流れてきた。プロカメラマンに家族写真の撮影を頼んだら、とんでもない写真が送られてきたというものだ。記事の元ネタであるフェイスブックの投稿はこちらになる。 Ok. This is […]

F11 | 1/2s | ISO1600

スーパー・ブルー・ブラッドムーンを撮ったよ! 皆既月食撮影記録

2018年1月31日は、スーパー・ブルー・ブラッドムーンが起こるということで、ツイッターでも大賑わいだった。月が地球に最接近するスーパームーン、月に二度目の満月が訪れるブルームーン、月が皆既月食で赤く見えるブラッドムーン […]

シャッタースピード1/40秒で撮影。

スローシャッターでもブレずに撮れる!超望遠レンズで手ブレせずに夜景ポートレートを撮る方法!

Canon EF400mm F5.6 L USMは飛行機撮影やモーターレースの撮影のためだけではなく、人物撮影も視野に入れて購入したレンズだ。市場価格約15万円と、Lレンズで超望遠レンズとしては安価。これがF4でイメージ […]

Canon 5DsR | Canon EF16-35mm F2.8L Ⅱ USM | 16mm | 1/60s | F2.8 | ISO160

神戸ルミナリエに持っていきたいレンズとカメラの設定!

混雑する観光地には、なるべく軽い荷物で赴きたいものだ。とは言っても初めての観光地ではどのレンズで撮影すれば素敵な写真が撮れるのか、なかなかわかりにくいところがある。 ネットで検索するという方法もあるが(ひょっとしたら今こ […]

三脚や一脚禁止の場所で、手持ちで夜景を綺麗に撮ってみよう。

平等院鳳凰堂の夜間拝観を撮る時に持って行きたいレンズとカメラの設定!手持ち撮影で夜景を素早く綺麗に撮る方法も!

寺社仏閣では三脚や一脚の使用を禁止している場所が多い。昼間なら手持ちでの写真撮影に支障はないが、夜となると途端に難しくなる。 まず手持ち撮影となると、開放F値の小さい明るいレンズで、絞りを開放F値に設定。それだけでは明る […]

三脚なしで夜景を明るく綺麗に撮ってみよう。

三脚や一脚を使わず、夜景を明るくブレずに撮る方法!

スローシャッターで三脚なしで夜景を撮る。リバーモールで毎週休日に開催されているコスプレイベントのついでに夜景も撮って来た。この日は昼の12時半から夜の19時まで撮影していたのだが、せっかくの綺麗な夜景だし、モデルが着替え […]

Model:Cocona & Yabu | F7.1 | 1/250ss | ISO:400 | WB:Auto

ボカすかクッキリ撮るか 〜ボカして得られる思わぬ効果〜

コスプレ写真を撮っていてよく迷うのが、背景をボカすか全体をクッキリ撮るかだ。ツーショットの写真となると、開放F1.4で撮る場合などは被写体がちょっとでも前後していると、どちらかにピントが合わなくなるから撮りづらい。だから […]

20人の集合写真を綺麗に撮るポイントを押さえていこう。

20人前後の大人数の集合写真を撮る方法!

大阪にあるハウススタジオ、シェルエンブレイズで4回ほど20人前後の大型併せを撮影した。ここに4回の撮影を通して得た教訓を書き記していきたい。集合写真というと全員にピントを合わせることが必須となる。大人数の集合写真を撮ると […]

絞り優先AE(Avモード)とマニュアルモード、どちらが撮りやすい?

絞り優先モードとマニュアルモード、どっちが撮りやすい?

ポートレート撮影などでは、プログラムAEモード、絞り優先モード、マニュアルモードの3つの内のどれか一つで撮影することが考えられる。カメラ任せのお気軽ポートレートならプログラムAE、撮影者自身が絵作りにこだわるとすれば、絞 […]

周りが明るいのでキンブレの光があまり強調されないが、ボカすことで動きが出て光が出ているように見える錯覚も。

巨大LEDスクリーンを背景に、人物を綺麗に撮影する方法!

まだ撮影したことのないスタジオで撮るというのはとても楽しい。巨大なLEDスクリーンに映像を流して撮影することができるスタジオクオリア新大阪。近づいてよく見ると小さな小さなLEDライトがたくさん集まって一つの映像を表示させ […]

ライブ写真は斜め撮りをすると動きが出る。

コスプレ写真における斜め構図考

コスプレイヤーは斜め撮りの写真が好きだという記事を以前書いた。どれだけたくさん水平の構図の写真を撮っても、たとえば全体の8割が水平で残りの2割が斜め撮りの写真であっても、レイヤーは斜め撮りの写真を好み、ツイッターなどのS […]

白飛びしやすい撮影シーンはたくさんある。

明るさをアンダーで撮って白飛びを防ごう! 美しい人物写真を撮るための撮影法

デジタルはフィルムよりも白飛びしやすいと言われている。そして白飛びした箇所はRAW現像でも回復させるのが難しい。一方で黒潰れはRAW現像でシャドウ部を持ち上げれば、ノイズは出るものの階調を回復させることができる場合が多い […]

LEDライトを明るく撮ってよりサイバー風に撮る!

サイバースペースでLEDライトを明るく写す方法 – ISO感度を上げて撮る時 #12

何度も撮影してる場所でも苦手な撮影ブースがある。ハコアム3階のサイバースペース。そういえば5年くらい前にここでKAITOを撮ってもらったなと懐かしさに浸る暇もなくライティングをセッティングしなければならないのは、難所だか […]

黒ホリゾントで背景をぼかして撮ると、より綺麗に写る。

黒ホリゾントで背景をぼかして撮る!

以前F11まで絞って解像感豊かな写真を撮るという記事を書いた。あの時は確か背景は黒で、本格的な黒ホリではなく、黒い板の前で撮影した写真だった。 ポートレート撮影でF10まで絞る意味 -圧倒的な解像感を得る為の撮影法 別の […]

焦点距離の違いで撮れる写真も違ってくる。

集合写真は焦点距離35mmではなく50mm以上で撮る理由!

集合写真を撮るときは50mmの焦点距離がベストだと以前書いた記憶がある。なぜ35mmでは駄目なのか。レンズにもよるが35mmでは両端にゆがみが生じてしまうからだ。隅々まで人物がいる場合に35mmで集合写真を撮ると、サイド […]

別の日の集合写真。こちらもF値を絞り込んだ。

大人数の集合写真をハウススタジオで撮る時のカメラの設定

6月初旬にハウススタジオで22人の大型併せを撮影してきた。カメラマンは総勢4人。1階と2階両フロアを貸し切っての豪華な撮影だった。 22人の集合写真は僕に託されていた。集合写真というのは人数が増えれば増えるほど構図が限ら […]

ガッチリピントを合わせてライブ風の写真を撮るコツは?

ライブビューでの撮影は疲れるが開放での撮影には役に立つ

ピントの歩留まりは大切だ。幾らたくさん撮ってもピントが合っていなければその写真は無駄になってしまう。後からPhotoshopで目だけにシャープネスをかけて誤魔化すという方法もあるが、解像感が悪くなるので、ピントはシッカリ […]

菜の花畑で撮影。黄色の白飛びと顔の明るさのバランスが重要。

黄色い菜の花畑でポートレートを撮る時の注意点 – 白飛びと顔の明るさのバランスを考える

久しぶりに大阪市内にあるコスプレの聖地で有名な某公園で撮影してきた。天気はとても良く、咲き誇る梅や菜の花を見に来た人たちもいる中で、のんびりと二人のコスプレイヤーを撮影。 菜の花に囲まれたモデルを撮るのは初めての体験だっ […]

テストショットを撮る時はいつも暗め。ここから適正露出になるよう調整する。

暗めに撮って白飛び写真を防ぐ -失敗写真を防ぐ撮影方法の1つの考え方として

最近撮影でご一緒したカメラマンと話していると、色々と学ぶことが多い。或るアマチュアカメラマンから撮影時には暗めに撮っていると聞いて、少しビックリしてしまった。というのも、コスプレイヤーで撮影現場でデータを確認して貰う時に […]

カーテンが閉まっている状態で撮影したが、色味はまずまず。

畳の部屋で撮る時は自然光で肌の色を整えよう

15人の大型併せの撮影に行ってきた。撮影場所は再びカエデの郷ひらら。撮影も中盤にさしかかり、畳の部屋で撮ることに。中に入ると意外と広い。先ほどまで更衣室として使っていたのでカーテンが敷かれていた。 天井を見ると蛍光灯が薄 […]

レタッチいらずの肌に撮る為の秘訣は?

レタッチいらずの肌に撮る為の7つの秘訣!

コスプレ撮影と言えば、肌レタッチは必須。肌レタッチはエチケットとかいうキャッチコピーの広告も見かけた覚えがある。 肌レタッチはPhotoshopを使えば施せる。しかし撮影していてよく言われるのが、「ユージさんの撮った写真 […]

1 / 512345