etoile studio

或る冬の日のコスプレ撮影 – 須磨離宮公園

コスプレイヤーの間で撮影スポットとなっている須磨離宮公園の石橋。
コスプレイヤーの間で撮影スポットとなっている須磨離宮公園の石橋。

初めての須磨離宮公園でコスプレ撮影。静けさ漂う古ぼけた駅で降りて、須磨離宮公園の東口へ向かった。徒歩10分ほどだっただろうか。すぐには着いたが、ここから軽く丘を登らなければならない。ライティング機材を担いでいるのでこれが脚を重くした。

着いてみると辺りの木々は枯れている。松が残っている程度。月日は一月上旬でこの日が今年初めてのコスプレ撮影だった。

天気もあいにくの曇りで、果たしてこの枯れた冬の景色で太陽もないのに上手く撮れるだろうかと少し不安になる。豪華なスタジオや絶景なロケ地なら簡単にいい写真が撮れるだろうが、曇りで枯れた木々の庭だとどのように撮れば巧い具合に撮れるのか相当に試行錯誤しなければならないだろう。木々は枯れてはいるが俺はいつでも咲いているから問題無い。

とりあえずまずは和室での撮影。メンバーは四人でオリジナルの和装。これがパリッと決まった。新しく買ったズームレンズCanon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMを装着しストロボを光らせて撮影。撮影記録執筆のためにあらためてCanon DPPを立ち上げて写真を見返しているのだが、ポンッと出てきた写真、これがとても美しく写っている。

その後はピンショットやツーショットをソフトボックスで陰影をつけて試行錯誤しながら撮っていった。うち3人は初めましての方々だったのでこちらもやや緊張気味。ポーズを取る度にオーラが出る女性もいれば、可愛らしい猫の娘もいる、魅惑的な男装の子もいる。

model:P & Natsuyu
model:P & Natsuyu
model:kurohebi
model:kurohebi

外に出て庭で撮影。彩度を落として撮るなど工夫を凝らす。

コスプレイヤーの間で名物の短いトンネルで撮影し、滝の前で撮影し、竹をバックに撮影して、最後は和室に戻り、窓からの明かりを生かした自然光で撮影。気がついたら1日で1400枚くらい撮っていた。

model:Natsuyu
model:Natsuyu
model:shiran
model:shiran
model:kurohebi
model:kurohebi
model:Shiran
model:Shiran

撮影終了後のアフターはジョリーパスタへ。その道すがら須磨離宮公園を西へ横切るのだが、そのど真ん中を切り裂くように道路が走っているのでそこを渡り高い階段を上ってベルサイユ宮殿にあるような噴水の前を通り更に降りなければならない。特に重たいカートを持っている女の子達にとってはかなり難儀な下りの階段だった。

アフターでは色々話したような気がするが何を話したのか忘れてしまった。明日インテックス大阪でコミックシティというイベントがあるので行かないのかと聞かれたのは覚えている。だってアレ女子向けのイベントでしょ?と聞き返したが違うという。帰ってネットで調べてみると確かに女性向けの同人誌イベントではあるのだが、コスプレスペースだけは女子キャラの子も多くてカメラマンは無料で入場できるという。

帰りは皆でとぼとぼと夜の道を歩く。阪神電車で来たのだが、JRで来た方が電車代がけっこう安かった。阪神・山陽と乗り継ぎだからその分割高なのだろう。どちらの須磨駅も近い。駅前で別れ帰路の電車に揺られたのだった。

それにしても須磨は海が近い。小高い場所から臨んだその姿はテレビで見る江の島の街並みのようでもあった。

須磨離宮公園ホームページ