etoile studio

或る冬の日のコスプレ撮影 – 機材の準備は前日に

可愛く撮れた!
可愛く撮れた!

この日は午後2時半にハコアム大阪の7階待合室スペースで待ち合わせだったので、時間に余裕があり、朝方のんびりと過ごしていた。前日超大型合わせ撮影の記録を書いていたら思いの外楽しくなり夜遅くまでパソコンに向かって執筆していたのだが、さすがに疲れて明日の撮影の準備は明日でいいや、時間もたっぷりあるしと電池の充電だけして眠りについた。

朝起きて、今日使うであろうカメラやレンズなどの荷物を詰め込み、大型撮影の機材から個撮の機材に入れ替えて、シャワーを浴び、時間を見るとあっという間に家を出る時間が迫っていた。大急ぎで昼食を平らげ、家を出る。

重い荷物を担いで早足で歩くと、冬なのに汗はだらだら、電車の中は暖房が効いているから更に暑い。GATSBYの汗ふきシートで顔を拭おうとしたら持ってくるのを忘れてしまったことに気づいた。仕方なしにポケットティッシュで顔の汗をぱたぱたと拭った。

10分前にスタジオに着き、ソフトボックスの準備も終えた頃にこの日撮るレイヤーさんがやって来た。1年ぶりの撮影。レイヤーさんの方も1年間リアルの方が充実していてコスプレから遠ざかっており、コス初めとコス納めが同じ日になった。この日はクリスマス12月25日。

どうしても撮りたいホワイトクリスマス仕様の場所で撮る事になった。白ホリ奥にあるスペースを一目見て、(あーこれ撮るの難しいやつだ)と直感した。白いベッドに這う点滅しているイリュミネーションLED、パステルカラーの色素の薄い小物類、背景は白いオーガンジーのような透ける布で飾られている。前に桜川にあるスタジオで撮ったのと似た感じだ。

全体的に水色にして人物だけは普通の色で背景キラキラにして欲しいと言われた。じゃあカラーフィルターをメインのストロボに取り付けて撮ろうかという事になり、カメラバッグのファスナーを開けると、そこにあるはずのカラーフィルターを入れたケースがない。ない。何度手探りしてもない。家に忘れてきた。汗がザーーーーーーっ!背筋がゾクーーーーーーーッ!

仕方がないのでグリッド用に購入したローグ製の丸いタイプのカラーフィルターで代用した。もちろん光が狭まるグリッドをつけなければならない。しかし問題がある。各色1枚ずつしかなく、片方のストロボにしかつけられないから、もう片方に同じ色のカラーフィルターをつけられない。色温度の差が生じる。それに女の子を撮るときには下からのストロボでも照らしたいので、あと二つ同じ色のカラーフィルターが必要になる。

レイヤーさんの好みの色に設定してみたが、いざ被写体を置いて撮ってみると難しい。被写体の左は温かい色、右は冷たい色になる。人気スポットで他の組のコスプレイヤーも待っているし、急がなければならない。万事休す。被写体の後ろに青のカラーフィルター付きグリッドを噛ましたストロボを置いて、色をつけることにした。これで肌の色は綺麗になったが、果たして満足して貰えたかどうか。元々青い布で覆われているから青いだけのような気もする。

ということで油断禁物。ハコアムだからローグのカラーフィルターを5時間200円で借りることは出来たが、どちらにしても2灯分必要なので、初めからストロボで背景の色を変えておけば良かった。撮影機材の準備は当日ではなく前日にするに限る。