みなと神戸海上花火大会の撮影スポット紹介と、黄金の構図を生み出すための最適な焦点距離!

みなと神戸海上花火大会は5,6回ほど撮りに行ったので、そろそろいい絵が撮れる場所も分かるようになってきた。しかし実際の撮影現場というものは、こちらが予想していたとおりにはいかない生の体験をすることも度々ある。そこで今回の記事では、みなと神戸海上花火大会に絞って、様々な場所から撮影した写真や最適なレンズの焦点距離及び必要なレンズ、どのような花火が打ち上がったかなどの話を写真を交えて披露していきたい。思うところを余すところなく書き綴ったので、神戸の花火撮影の参考にして頂ければ幸いである。