etoile studio

純正望遠ズームレンズとサードパーティ製超望遠ズームレンズ、どっちがいいの?

Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMはⅠ型に比べて画質が格段に向上した。

Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMはⅠ型に比べて画質が格段に向上した。

ヨドバシカメラの店員はカメラについて詳しい。たまに特に買う予定もなく行くのだが、カメラコーナーでカメラを触っていると、何かお探しですか?と訊かれる。今日は特に買う予定はないですと答えると、ご自由に見ていってくださいと促されあれこれとレンズを着けて試し撮りをするのだけれど、個人では分からないことも出てくる。

この日気になっていたのは、シグマの150-600mmの超望遠ズームレンズと、キヤノンの望遠ズームレンス。最近飛行機を撮り出したこともある。池田市五月山でビルを背景に飛行機が飛んでいるのを撮ってみて、200mmの単焦点レンズに2倍のエクステンダーでは小さいし画質が悪いなと不満を感じていたのだ。そこで店員に声をかけて聞いてみた。

そもそもカメラ雑誌の記事では、シグマの超望遠レンズは純正と違わない程写りが良いと書かれていた。しかしスタジオで一緒になったアマチュアカメラマンと話していると、1つ前のシグマの望遠ズームを買うなら、新しく出たキヤノンの純正の100-400mmを買う方が画質が良いと言われた。でも価格的にはシグマは10万だしなぁと、あれこれ迷っていたのだ。

事情を一通り話すと、店員が答えるには、純正レンズの方が画質が良いということだった。ではシグマの超望遠ズームと、エクステンダーを着けた100-400の場合はどちらが画質が良いかと聞くと、これも純正レンズが良いと言っていた。

ついでにエクステンダー×1.4と×2の違いを聞いたら、やはり2倍になると画質が落ちるのだそうだ。そりゃ自分としては後悔しないために画質の良い方が良い。しかし10万円を切る価格で超望遠レンズが手に入るというコストパフォーマンスも捨てがたい。600mmという焦点距離が紡ぎ出す絵は、まだ未知の世界である。これを純正レンズで買うとなると100万円は超える。

また、何でも自分の目で確認しないと納得しない性分である。この日は1DXを持参してきていたので、レンズに取り付けて試写させて貰おうと思ったが、残念ながらアートアクアリウムの撮影でバッテリー切れになってしまっており、実写のデータを確認することが出来なかった。

というわけで、今のところの結論は、画質を選ぶなら100-400mmとエクステンダー1.4、コストパフォーマンスや焦点距離600mmを手軽に得たいならシグマの150-600mmといった所だ。

この日は結局カメラ関連の商品は買わず、パソコン用のサプライ品を幾つか買って店を後にしたのだった。