メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

200mm | Bulb | 13.7s | F10 | ISO:100

名所旧跡の写真撮影にはズームレンズの方が便利!

風景写真の現場に何度も足を踏み込んで実感したのは、photogenicな名所を撮影する際には、単焦点レンズでは撮りにくいということだ。35mm、50mm、85mm、200mmと焦点距離がはっきりと決まっているため、また撮 […]

400mm | F5.6 | 1/640s | ISO 800

被写体から大きく距離を取った時の圧縮効果はどんな感じ? Canon EF400mm F5.6L USMが紡ぎ出す人物写真

Canon EF400mm F5.6L USMを購入したのでコスプレ撮影に使ってみた。要は圧縮効果がどれくらいあるのか知りたく、つまりは背景がどれくらいキラキラする写真が撮りたかったのかを知りたかった。 被写体から距離を […]

望遠レンズで全身をフレーミングして被写体の魅力をより引き出す。

200mmの望遠レンズで全身を撮る!コスプレイヤーが好む写真を探る

望遠レンズで撮ったツーショットの全身写真はコスプレイヤーの評判が良い。今日はそれだけを伝えるためにエディターを立ち上げた。 愛用している望遠レンズCanon EF200mm F2.8L Ⅱ USMで撮るときは、たいていの […]

布曳滝。焦点距離16mmで撮影。

赤目四十八滝の赤目五瀑を撮るのに最適なレンズと焦点距離の作例!

滝の撮影に最適な天気は快晴では無く太陽の出ていない曇りの日、というのは実際に撮りに行ってみてよく分かった。もう一点重要なのは、やはりレンズの焦点距離だ。今回は風光明媚な赤目四十八滝出滝を撮るときに便利なレンズを紹介してい […]

Canon EF11-24mm F4L USM、開封の儀。物撮りにも初挑戦!

Canon EF11-24mm F4L USM 〜開封の儀〜 ついでに物撮りも初挑戦!

ちょうど一ヶ月前に、超広角レンズCanon EF11-24mm F4L USMが欲しいなぁとブログに書いたのだけれど、一昨日ポチった。34万円。有言実行。 風景写真を撮っていると欲しくなる超弩級の超広角ズームレンズ! C […]

ロックガーデンの眺め。

六甲山(芦屋ロックガーデン・六甲山最高峰)で撮影する時に最適なレンズとカメラの設定!

先日六甲山に写真を撮りに行ってきた。今回も色々得るものがあった撮影だったので、六甲山で写真を撮るときのお薦めレンズやカメラの設定、注意点などを掲載していきたい。 絶景哉六甲山! 芦屋ロックガーデンと六甲山最高峰の眺望! […]

第48回神戸まつり。

神戸まつりのメインパレードを撮るのに最適なレンズとカメラの設定!

地元民ながら初めて神戸祭りに行ってきた。この日20日は、愛知県にある清洲城でガチの戦国時代の戦を再現するお祭りもあって迷ったのだけれど、4月に桜撮影旅行で体力を使い果たしてその疲れもまだ残っているのではないかということで […]

200mm | Bulb | 11.7s | F13 | ISO:100

びわこ花火大会に持って行きたいレンズ!

お昼にラーメンを食べ終わったら13時を回っていた。そういえば明日はラブライブ!の大型併せの撮影だなとスケジュール帳を見たら全く違う。その予定は11日だ。そして今日8日は「びわこ花火大会」とスケジュール帳に書き込んである。 […]

今までとは異なる見たことのない世界を見せてくれるCanon EF11-24mm F4L USM

風景写真を撮っていると欲しくなる超弩級の超広角ズームレンズ! Canon EF11-24mm F4L USM

様々な場所に風景写真を撮りに行くと、今までは必要ないと思っていたレンズが欲しくなってくるものだ。キヤノンの超広角ズームレンズEF11-24mm F4L USMが欲しいレンズの内の1つに挙げられる。 風景写真と言えば広角レ […]

魚眼レンズを使えばワンちゃんを可愛く撮れる!

魚眼レンズでワンちゃんを撮ってみた! レンズによるペットの表現方法の違いを比較!

半年ほど前の夏の暑い盛りに友達のワンちゃんを撮らせて貰ったのだけれど、さて、人様のペットを呼ぶときはなんと呼べば良いのか、ふと迷ったりした。まずストレートに犬。距離感を保ってみたが、これだとなんだか呼び捨てみたいで冷たい […]

F5.6 | 1/800s | ISO250 | MF

神戸市立王子動物園に行ってきた! – 王子動物園に持っていきたいレンズ

400mmの超望遠レンズを購入したときにどうして動物園に撮りに行こうと思わなかったのか。その時は鈴鹿サーキットにレーシングカーを撮りに行きたいという思いが強くて動物園のことは選択肢に思い浮かばなかった。 先日ツイッターで […]

西宮神社恒例のマグロの奉納。

お気軽スナップ写真を撮るときに持ち出したいレンズは?

街中で気軽なスナップ写真を撮るときは、どのようなレンズを装着すればいいのか。やはりズームレンズがレンズ交換しなくていいから楽チンだということで、西宮神社の十日戎に行ってきた。 カメラはCanon 5DsR、持ち出したレン […]

Canon EF400mm F5.6 L USMの開放での光のボケ方。

綺麗なボケ(Bokeh)とは何か

「このレンズはボケが綺麗」という話をどこかで聞いた覚えがある。画質が綺麗というのならわかるが、ボケが綺麗というのはどういうことかと常々疑問を抱いていた。筆者はコンパクトデジカメからいきなりフルサイズに移行し、購入して来た […]

Focal length 400mm | F5.6 | 1/800ss | ISO100

千里川土手再び。Canon EF400mm F5.6 L USMで飛行機を撮る!

Canon EF400mm F5.6 L USMを購入したので、久しぶりに千里川土手に飛行機を撮りに行った。阪急曽根駅で降りて、15〜20分ほど歩くとあの見慣れた寂れた土手に着く。一瞬誰もいないのかと思ったが、カーブを曲 […]

300mmを超えて、400mmの焦点距離のレンズを選んだ理由。

Canon EF400mm F5.6 L USMの購入に至るまでの動機

以前からサンニッパが欲しいと仕切りにつぶやいていたのだけれど、ここにきて、もっと長い望遠レンズが欲しくなってきた。10月の下旬にツイッターで大きな月とモデルを同じ大きさで撮影した写真が回ってきて、これを撮ったレンズが、C […]

ついに登場したCanon EF85mm F1.4L IS USM。スリムな外観となっている。

ついに発表!待望のCanon EF85mm F1.4L IS USM

キヤノンが大口径中望遠単焦点レンズEF85mm F1.4L IS USMの発売を29日に発表した。価格は消費税別で20万円。発売日は11月下旬。ティルトシフトレンズ3本も併せて発表。 現行のEF85mm F1.2L II […]

遂にシグマからも中望遠135mmのレンズが発売決定!開放F値は驚異のF1.8!

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM ひと味違ったポートレートが撮れる135mm

キヤノンの135mmの中望遠が欲しいなぁと思っていた矢先、TwitterのTLにシグマが135mmのレンズを発売するとの発表が流れてきた。価格・発売日ともに未定で、マウントはキヤノン、ニコン、シグマの3種類になる予定。 […]

SONY 135mm F2.8 T4.5 STF

SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF – 唯一無二のスムージーな暈け方でカメラ愛好家を魅了してやまないレンズ-

今回紹介するレンズは、SONY 135mm F2.8 T4.5 STF。キヤノンユーザーなのになぜソニーのレンズを紹介するかって? そりゃもちろん他社カメラユーザーが羨むほどに美しい描写に特徴のあるレンズだからだ。 作例 […]

Canon EF24-70mm F2.8L II USM。これ1本のお値段で4Kテレビが買える。

キヤノンLレンズとSonyの4Kテレビ、悩ましい選択

昨日映画を観た帰りに、梅田のヨドバシカメラにふらっと立ち寄ってみた。いつの間にかゲームやアニメグッズを売っているフロアが3,4階からゴッソリ地下に移っていたりと様変わりしていたが、カメラコーナーは相変わらず2階にあった。 […]

超広角ズームレンズでダイナミックなポートレートを撮る!

超広角レンズを使ったポートレート撮影は難易度が高い。なぜなら歪みが激しいからだ。顔が歪む、体が歪む、背景が歪む。 しかし使い方次第ではポートレートでも有効なレンズとなるだけでなく、撮りやすいレンズともなる。 こちらの写真 […]

単焦点レンズを最大限に活用する為の3つの方法

先日フレンドさんとUSJに遊びに行った帰りに、友達から単焦点レンズを借りたという話を聞いた。このレンズで写真の練習をするのだという。レンズの名称は聞きそびれたが、おそらくCanonのEF50mm F1.8だろう。 その話 […]

生石高原に持って行きたいレンズ

生石高原に行くには車か、バス・タクシーを乗り継ぐ必要がある。タクシーは片道3000円。決して安くはないが、登山するよりかは遙かに楽だ。 遠方の絶景地はそうたびたび訪れられない場所なので、レンズ選びを厳選したい所だ。先日生 […]

Canon EF24-70mm F2.8L II USM。これ1本のお値段で4Kテレビが買える。

スタジオ撮影ではズームレンズが必須なワケ

スタジオ撮影に行く際には、24-70mmのズームレンズを携帯していくことをお薦めする。特に初めて行くスタジオでは。ここではフルサイズ機での焦点距離を基準に話を進めていく。APS-C機をお持ちの方は、当記事に記されている焦 […]

標準レンズ50mmは万能レンズ!

野外でポートレートやコスプレを撮る時は、85mmの中望遠レンズを使うことが多い。1つには85mmという焦点距離がポートレートを撮るのに最適という暗示がある。どのカメラの教本を読んでも、85mmはポートレートレンズと呼ばれ […]

Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USMの類い希な開放性能!

たびたび当ブログでも取り上げているCanon EF85mmF1.2L Ⅱ USM。F1.2が示す通り、他のレンズには見られないダイナミックで物凄い暈け方をする。 被写体と写真家の距離が変わる度に、様々な顔を見せてくれるレ […]

マニュアルフォーカスで撮る写真には味わいがある

ツァイスの一眼レフ用レンズはすべてマニュアルフォーカス仕様だ。写真はマニュアルフォーカスでじっくりと腰を据えて撮るべきというツァイスの写真哲学に基づいている。 Otusを普段使っている時は、当然マニュアルフォーカスで撮っ […]

仰向けに寝転がっている集合写真を撮る時に最適なレンズ

寝ころび写真を撮るのは難しい。それも人数がたくさんいれば尚更のことだ。なぜかというと、まず真上から撮るか、斜め上から撮るかという問題がある。斜め上から撮るなら50mmの単焦点レンズでも構わないだろう。しかし奥に行くに従っ […]

2本で充分?撮影に持って行くレンズの選び方

レンズをたくさん所有していると、撮影の折にアレもコレも持って行きたいと思うものだが、レンズの数が増えれば増える程、荷物は重くなるし、高級レンズとなると一本当たり1㎏を超えるレンズもあるので、大変なことになる。 実際にたく […]

Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USMで渦巻きキラキラ写真を撮る!

Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USMは、F1.2が示すとおり、他のメーカーのレンズでは見られない極めて浅い被写界深度で写真を撮ることが出来る唯一のレンズだ。 かつてキヤノンにはCanon EF50mm F1. […]

Zeiss Otus1.4/85の類い希な描写性能に気づく日

高級レンズを普段使っていると、その有り難みを忘れることがある。ツァイスのOtus1.4/85は50万円超するレンズ。写真はマニュアルフォーカスでピントをじっくりと合わせて撮るべきというツァイスの哲学から、その言葉通りマニ […]

純正望遠ズームレンズとサードパーティ製超望遠ズームレンズ、どっちがいいの?

ヨドバシカメラの店員はカメラについて詳しい。たまに特に買う予定もなく行くのだが、カメラコーナーでカメラを触っていると、何かお探しですか?と訊かれる。今日は特に買う予定はないですと答えると、ご自由に見ていってくださいと促さ […]

いつかは手に入れたい夢のサンニッパ。実売価格60万円超。

Canon EF300mm F2.8L Ⅱ USMを試し撮りして感じたこと

迷っているレンズがある。Canon EF300mm F2.8L Ⅱ USMは実売価格が約57万円~64万円。一方Zeiss Otus1.4/28は同じく実売価格約57万円~64万円。双方とも一眼レフカメラ用のレンズとして […]

1 / 212