etoile studio

Canon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM – 開封の儀と物撮りF11とF22の比較

遂に購入!Canon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
遂に購入!Canon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM

PayPayを利用して、前から欲しかったけれどそんなに急にはいらないでもライブ撮影の依頼があったときとかにも重宝するし昔旧型で撮ったコスプレ写真を見たら驚くほど綺麗に撮れてたので描写力が向上した新型を買い直したいと狙っていたレンズCanon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMを購入した。

購入場所はビックカメラの実店舗。数時間ほど寝かせてから開封の儀を実行。

Canon EF11-24mm F4L USMの時のように、未使用のアニメのポスターを椅子に座布団で固定し、裏面を表にして垂らして撮影。両側から大小のトランスルーセントアンブレラを床に置いて、ストロボを光らせている。ダイニングのテーブルと食器棚に挟まれた空間で撮っているのでアンブレラは動かせない。狭くて撮りづらい。使用レンズは前回と同じCanon EF24-70mm F4L IS USM

Canon EF11-24mm F4L USM 〜開封の儀〜 ついでに物撮りも初挑戦!

紙袋。やはり大きいためか光が全体に回らなかった。背景紙がやや暗く、白さに均一性を欠いている。カメラの設定は、F11、ISO感度100、シャッタースピード1/100秒。思いっきり絞ってみた。F値を小さくするかISO感度を上げて、光が回らない分、背景紙を明るくすれば良かったかも知れない。

ビックカメラの紙袋。
ビックカメラの紙袋。

ポスターに折り目が付いていて綺麗に写らなかったので、別のポスターに変えた。

化粧箱。最近のキヤノンの製品の化粧箱はシルバーなのかな。

Canon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMの化粧箱。
Canon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMの化粧箱。

筺を開けてみた。

パカッ!
パカッ!

レンズ入れの底がお目見え。

丸くて綺麗。
丸くて綺麗。

レンズ入れ全体像。

レンズ入れ。ここ数年は余り使わなくなった。
レンズ入れ。ここ数年は余り使わなくなった。

レンズフードは面倒だから飛ばして、レンズ本体。ライヒスタークを布でくるんだ前衛芸術のよう。

作品ナンバー02。封じ込められた物欲。
作品ナンバー02。封じ込められた物欲。

レンズ本体。

こんにちは!
こんにちは!
真横から。
真横から。
斜に構えてみた。
斜に構えてみた。
横に構えてみた。
横に構えてみた。

レンズ綺麗。工業製品の美しさ。

まるで氷の国の女王のように美しい・・・。
まるで氷の国の女王のように美しい・・・。
遠い惑星の秘密基地のよう。
遠い惑星の秘密基地のよう。

マクロ機能で撮影。キヤノンのロゴが光る。

こういうの、好きだろう?
こういうの、好きだろう?

F11よりもF22の方が奥までピントが合う。

F11
F11
F22
F22

文字が全部暈けずに写っているためかF22の方がシャープで綺麗に見える。

F22
F22
F22
F22

今回はよく絞って撮ったため、背景の白がくすんでいた。白を飛ばすくらいにもうちょっとISO感度上げるべきだったかなっていう。レンズの写り込みは即席のスタジオなので致し方なし。作例はまた後日!