etoile studio

雨撮影の醍醐味

雨撮影は機材が故障するリスクがあるが、出来上がった絵を見るのが楽しい。

雨撮影は機材が故障するリスクがあるが、出来上がった絵を見るのが楽しい。model:Riruru

いつも親しくしている女の子達とロケに行くと、たびたび雨に見舞われる。他の子達なら、雨だからロケ中止にしようという流れになるし、実際に雨を嫌うカメラマンもいる。大切なカメラやレンズが雨に濡れて故障したら大事だから、当然と言えば当然だろう。

けれど僕は、これを恵みの雨と呼んでいる。幸いメイン機の1DXはプロ機なので、防塵防滴性能型が他のカメラに比べて高い。スピードライトもキヤノン純正の600EX-RTで、こちらも防塵防滴仕様だ。つまり多少の雨の中での撮影なら、機材の故障を心配することはない。

強い雨の中でも最高のモデルを撮影している時は愉しいの一言に尽きる。

強い雨の中でも最高のモデルを撮影している時は愉しいの一言に尽きる。

雨の日は、レフ板と先述したクリックオンストロボで、雨を生かした効果的な写真を撮る事が出来る。いわゆる雨撮だ。それとストロボを備え付ける2500円程度の小型の三脚も必須。これがないと雨の描写を自由にコントロール出来ない。

ストロボの頭には、雨避け用に厚手の小さなハンドタオルを乗せておく。これはネットショッピングで買い物をしたら、オマケでタダで貰えたタオルで、家に3,4枚はある。カメラもスーパーの白いビニール袋を被せるか、同じハンドタオルをレンズの上にポンと置いて撮影する。

今まで結構な回数の雨撮を重ねてきたが、今のところこのやり方で、カメラもレンズもストロボも無事だ。一度ストロボを派手に落として、砂を噛んでしまいジャリジャリ鳴ることがあったが、使っている内に音もしなくなった。結構強い雨の中でも撮影したことがあるが、壊れない。防塵防滴機能が優れているのだろうか。

ジップロックをストロボに被せる人もいるみたいだ。こちらの方が雨対策としては万全だろう。

とはいうものの、機材は濡れないに越したことはない。撮影する時はなるべく屋根の下で撮る様にする。必要以上に外には出ない。どうしても雨の中で撮らなければならない時は、カメラにビニール袋を被せたり、レンズにタオルを置いて撮る。

Canonの純正のレインカバーも使ったことがあるが、正直まどろっこしい。よっぽど強い雨か、砂埃でも立っていない限り、スーパーのビニール袋で代用している。

屋根の下で撮ると言ったが、雨撮では、EF200mmF2.8LⅡが大活躍する。こういう時こそ望遠の出番だ。望遠故に遠くから撮れるだけでなく、カメラマンと被写体との間のちょうど良い距離を取れる場所に、都合良く屋根があったりするのだ。

屋根の下から被写体を狙えるのは、雨撮ではアドバンテージとなる。何よりカメラマンにストレスが溜まらないから、落ち着いて構図を決めて撮ることが出来る。もちろん濡れているモデルを待たせるわけにはいかないから、のんびりとは出来ないが。

更に圧縮効果もあり、雨粒が大きく写る。イリュミネーションを撮る時と同じ要領だと思って頂ければ良い。背景を引き寄せるので、アップで撮ると、雨粒がより印象的に写る。

200mmの望遠レンズを使えば、雨粒が大きく写せる。model:Kai

200mmの望遠レンズを使えば、雨粒が大きく写せる。model:Kai

惜しむらくはEF200mmF2.8LⅡの描写性能だろうか。悪くはない。むしろ良い。10万円以下にもかかわらずLレンズの称号を戴いている。安いのにラグジャリー。望遠なのに小型軽量。良い所を兼ね備えている。

しかし手ブレ防止機能(IS)がない。望遠レンズは実際カメラに付けてファインダーを覗いて貰えれば一目瞭然だが、手ブレする。ファインダーの中で終始像がぐらついている。酔いそうなくらいだ。つまりそれなりのシャッタースピードを設定しないと、油断していたら手ブレする。油断していなくても手ブレする。

そしておそらくは60万円以上するサンニッパと比べると、描写性能には劣っていることだろう。ちなみにEF200mmF2は100万円以上する。簡単に手が出せる金額ではない。

そしてOtusの存在がある。一度このレンズで撮ると、Lレンズといえども満足出来なくなるくらいに、描写性能が高い。一度良い味の料理を覚えると、今まで食べてきた料理が不味く思えてくるのと同じだ。

現実問題として、サンニッパをロケに持って行くのは辛い。EF200mmF2なら尚更のことだ。大砲を持っていく様な物。他のレンズが入らない上に重いだろう。ロケでは常に4、5本はレンズを持って行く僕にとって、レンズ1本のみという選択肢は心苦しい。

しかしサンニッパはアマチュアカメラマンの夢である。いつかは手に入れたいと思っているし、これで雨撮が出来たら、どんな絵が出てくるか、想像しているだけでも楽しい。手に入れるまではワクワクして、手に入れてしまうとワクワク感が消えてしまうのだろうか。

雨男雨男とよく言われるけれど、その雨のおかげで良い写真がたくさん撮れるので、雨男と呼ばれるのもなかなかいいものだなと割り切っている。