etoile studio

誰でもすぐ出来る!カッコいい写真が撮れるポージングの為のたった一つのコツ!

イラスト再現のために頑張って体を捻らせてポーズを取る。

イラスト再現のために頑張って体を捻らせてポーズを取る。

コスプレ撮影の楽しみの一つは、自分の好きなキャラクターのイラストを再現するという行為だ。イラストを再現することで、コスプレのなりきり度もアップして幸せになれる。

さて実際に2次元のイラストを3次元で再現しようとすると、現実ではあり得ない2次元構図からかなり無理なポーズを強いられることになる。しかしこの無理なポーズこそが写真に収まった時には凄くカッコ良く見えたりするのだ。

これを魔法と呼ばずになんと呼ぼう。体を普段はここまで捻らないという感じに思いっきりねじり、痛みと苦しみと呼吸困難に耐えた末に撮影された写真を見た時は、きっと喜びもひとしおのカッコいいポーズで決まっているに違いない。

筆者もよく撮り合いをするのだけれど、体を無理な姿勢で捻らせたりすると、カッコいいポーズになっていたりする。体は苦痛極まりないのだが、撮って貰った写真を見ると凄く良い。不思議なものだ。だらけているとだらけた感じが写真から伝わるのだから、一時も気が抜けない。

ポーズ迷子という言葉がある。たくさん撮って貰っている内にどのようなポーズを取れば良いのか分からない時にそういうフレーズを使う。

もしこのポーズ迷子に陥った場合は、普段のポーズから一歩抜け出したような、体を思いっきり捻らせて普段ではあり得ない感じでポーズを撮ってみては如何だろうか。頭の中にS字を思い描きながら自分自身もS字に歩ポーズを取るのも良いかもしれない。自分が思っているよりも大げさな方が良い。ポーズを取っている時は不自然さしか感じなくても、実際に写真に収まっている自分の姿を見ると、カッコ良く決まっている事だろう。先入観を取り払うこともポージングの上では大切な要素の一つだ。