etoile studio

RAW現像の悩みを一気に解決!1000枚の写真も1時間あれば現像できる!

Adobe Lightroomで500枚~2000枚の写真補正を30分~2時間以内に完成させる補正テクニック!Lightroom RAW現像講座 人物写真編

RAW現像はやりたいけれど、やり方が分からない・・・。たくさんの写真を撮ったけれど、全部現像していたらモデルにお渡しするのに1ヶ月以上掛かってしまう・・・。 いざ写真を編集する段階になって、こんな悩みを抱えたことはないだ […]

play_circle_filled続きを読む

スローシャッターとカメラの設定を極めて、絹糸のような滝を撮る!

滝撮影に理想的なカメラの設定とレンズ! 幻想的な滝を撮るためのスローシャッターを極める!

赤目四十八滝の名物である数々の麗しい滝の姿を撮りに行こうと電車に乗り込んだはいいが、スマホで撮り方を検索してみると、快晴の日は避けて曇りの日に撮るのが良い、というような一文が出てきた。この日はあいにくの快晴。日本晴れなの […]

play_circle_filled続きを読む

肌が綺麗に写るし、衣装のディテールもクッキリと出ている。背後の自動販売機も綺麗でいいことづくめ。

順光で撮っても顔が綺麗に写る方法! 〜人物撮影は順光か逆光か、逡巡を繰り返す〜

このブログでしつこいほど、野外でポートレートを撮るときは逆光がむしろセオリーということを言い続けてきた。逆光で撮れば、人物の顔に影も落ちないし、柔らかい質感で肌が写るし、何より髪に光が帯び、リムライトの役割を果たしてふん […]

play_circle_filled続きを読む

ロックガーデンの眺め。

六甲山(芦屋ロックガーデン・六甲山最高峰)で撮影する時に最適なレンズとカメラの設定!

先日六甲山に写真を撮りに行ってきた。今回も色々得るものがあった撮影だったので、六甲山で写真を撮るときのお薦めレンズやカメラの設定、注意点などを掲載していきたい。 絶景哉六甲山! 芦屋ロックガーデンと六甲山最高峰の眺望! […]

play_circle_filled続きを読む

六甲山最高峰は標高931m。

絶景哉六甲山! 芦屋ロックガーデンと六甲山最高峰の眺望!

山に登りたいという欲求が最近ふつふつと湧いてきて、晴れのち曇りという天気だったので、昼過ぎには曇って気温も涼しくなり楽に歩けるかなと、突発で六甲山に登ってきた。トレッキングシューズだけはあらかじめ購入してあった。子供の頃 […]

play_circle_filled続きを読む

第48回神戸まつり。

神戸まつりのメインパレードを撮るのに最適なレンズとカメラの設定!

地元民ながら初めて神戸祭りに行ってきた。この日20日は、愛知県にある清洲城でガチの戦国時代の戦を再現するお祭りもあって迷ったのだけれど、4月に桜撮影旅行で体力を使い果たしてその疲れもまだ残っているのではないかということで […]

play_circle_filled続きを読む

1 / 6612345...102030...最後 »