etoile studio

バックライト用三脚の写り込みを隠す方法

話題をさらったニッシンのカーボン製軽量ライトスタンド。不整地でも使える。
話題をさらったニッシンのカーボン製軽量ライトスタンド。不整地でも使える。

リバーモールのコスプレ撮影で、イリュミネーションと雨とのコラボ撮影を初めて敢行してきた。我ながら綺麗に撮れたのだが、後ろから三脚に取り付けたストロボを光らせるので、全身撮影の際には三脚の足が見えてしまうという問題が生じた。

3,000円程度の三脚をライトスタンド代わりに使っているのだが、これがコスプレ撮影では重宝する。時には段差のある場所や坂にアンブレラやストロボを設置しなければならない時もあるので、三脚だと調整が非常に楽なのだ。それに安定もしている。

問題は三脚の足が写り込んでしまいがちな点だ。余り三脚の足を狭めると、安定性を欠いて風が吹いたら三脚が倒れてストロボが故障してしまうリスクが高まる。では安定性を求めて足を広げてみてはどうかとやってみたが、今度は三脚の脚の写り込みが気になる。

パソコンでの後処理で消すにしても、手間がかかる。現場でやれることは現場でやってしまった方が、後々の処理も楽である。

以前ニッシンから画期的なライトスタンドが発売されて話題を呼んだ。カーボン製で或る程度の段差での調整にも対応しているという。価格は14,000円程度。3,000円の三脚と比べると高いなと思えるが、カーボン製だから軽さも売りになっている。収納時に倒したりした際の耐久性が気になるところだが、バックライト用として検討してみても良いかも知れない。ソフトボックスやアンブレラをつけるにはちょっと心許ない感じがするが、ストロボ1灯だけなら安定性も問題なさそうだ。商品写真にある通り、3本の脚が地面と平行になるほど調節できる。

値段が高いのが気になる。最近PayPayで大きな買い物をして、更にprofotoのモノブロックストロボも購入するかも知れないから、余裕が出てきたら購入を検討してみようと思う。

KINGからも同じような製品が出ている。製造元は同じでブランドだけ違うというシステムだろうか。

マンフロットからも似たような製品が比較的安くで出ているが、こちらはカーボン製ではなくアルミ製、2倍の重量があり、恐らく重い。しかし安定性を求めるなら重い方が良いかもしれない。現実的には荷物をこれ以上増やしたくないから軽いに越したことはないが。「不整地でも活躍」とあるから先に紹介した2商品と機能的には同じになる。不整地で使うなら安い三脚が最も安定しやすくはあるが。

三脚の写り込みを防ぐ方法

最後に三脚の写り込みを防ぐ方法を幾つか提案したい。雨撮影でどうしても写り込んでしまう三脚の脚の写り込みを避ける、もしくは誤魔化すには、次の方法が考えられる。

  • バストアップで撮る。
  • 被写体の体もしくは脚で隠す。
  • 被写体と三脚の距離を広げて、背景を思い切り暈かす。
  • 黒い三脚を使う。
  • 三脚の脚を狭める。

バストアップで撮る。これは単純。広げた三脚の脚が物理的に写らないようにする。

バストアップなら後ろの三脚が写らない。
バストアップなら後ろの三脚が写らない。

被写体の体や脚で隠す。三脚の上部をモデルの体で隠すのは比較的簡単だが、広げた脚を隠すのは難しい。モデルのポーズをカメラマンが細かく指示しながら、三脚の細い脚と被写体の脚が重なる位置に合わせる。ポーズが固定されるので、難易度はやや高い。

モデルと三脚との距離を広げて、三脚を暈かすことで、三脚に見えないようにして誤魔化す。

夜撮影の場合は、黒い三脚を使えば、闇に紛れる。

三脚の脚を狭めれば、直立のポーズでも何とか隠れるかも知れない。しかし安定性が損なわれる。周りに池があれば、風でストロボが池ポチャする危険もある。石畳に倒れたらストロボ破損のリスクもある。

ニッシンのライトスタンドは隠れやすいが、全身撮影の場合は地面に長く伸びる脚は見えてしまうから後処理で消す必要がある。その場合は三脚よりも面倒かもしれない。一長一短と言ったところだろう。