etoile studio

別の日に別のレンズで撮影した写真。光源がキラキラしている。

疑似望遠効果のメリットとは何か

カメラ雑誌などでAPS-C機が取り上げられる時、長所の1つとして疑似望遠効果が度々上げられる。疑似望遠効果とは、同じ焦点距離のレンズでフルサイズ機で撮影した場合に比べて、センサーサイズが小さいことが原因で撮影範囲が切り取 […]

play_circle_filled続きを読む

ストロボ or 自然光?

スタジオ撮影ではストロボを使った撮影が必須である。そうでもしないと暗い密閉空間のスタジオで天井にある蛍光灯だけを使って、綺麗に人物を撮るのは至難の業だ。 しかしいざストロボで撮るとなった場合、被写体と背景との明るさのバラ […]

play_circle_filled続きを読む

花火が綺麗に撮れるレンズ

花火シーズンの到来である。7月から8月にかけて全国の花火大会を追いかけているというアマチュアカメラマンも多いのではないだろうか。 生きている限り夏は何度もやってくる。子供の頃は時間は永遠なものと思われたが、大人になると毎 […]

play_circle_filled続きを読む

スタジオでの大型併せ撮影は、ストロボが4灯以上必要な理由

9人前後の大型併せとなると大変だ。何が大変かといって、ストロボで全員の顔を均等に、かつ綺麗に当てなければならない。 これはスタジオ撮影に限ったことだ。野外なら自然光と逆光のコンビネーションがすべてを解決してくれる。もし大 […]

play_circle_filled続きを読む