etoile studio

コスプレ撮影におけるアフターの定義と、撮影依頼について

筆者近影。自身もコスプレをするので、コスプレイヤーとカメラマン双方の気持ちがよく分かる。

筆者近影。自身もコスプレをするので、コスプレイヤーとカメラマン双方の気持ちがよく分かる。

コスプレ撮影には、アフターという慣習がある。撮影後にレイヤーと撮影者が近くのファミレスなどで食事をして語らうというものだ。いつ誰が始めたのかよく分からないが、3年ほど前に僕がこの世界に足を踏み入れた時には、既にそのような慣習ができあがっていた。若い女性との撮り合いが終わってから、「この後アフター行きますか?」と聞かれ、コスプレビル内にあるレストランで食事をし、お喋りしたりデータ確認をしたりした。

アフターの目的は様々だ。みんなで今日のデータを見てワイワイ感想を言い合ったり、カメラマンの労をねぎらったり、作品について深く語り合ったり、イベント後の空腹で美味しいものを食べる楽しみに浸ったり・・・・・・。イベントやレイヤー、カメラマンに関する様々な情報交換をしたくて参加する人もいれば、コスプレ活動を通して交流を深めたい、次の撮影予定をカメラマンに頼みたいなどなど、レイヤー側も撮影者側も様々な理由でアフターに参加していて、その目的は一概には言えない。

そもそも厳密にアフターの意義を突き詰めるのも、杓子定規すぎて堅苦しい。他の世界と同じで、コスプレ撮影の世界も良好な人間関係を築いていくことが一番大切である。その関係を築いていく場所がアフターとも言えるだろう。

この当たり前となっているアフターの慣習について、1年ほど前にはてなブログで疑問を投げかけた匿名のコスプレイヤーがいた。今まで静けさを保っていた大きな池に投げた石は、カメラマン・レイヤー双方が腹に抱えていた不満という名の威勢を駆り、波紋をどこまでも広げていって、大勢の賛否両論のリプライを引き寄せた。

レイヤーだけど、カメコとのアフターに抵抗がある(外部リンク:はてな匿名ダイアリー)

匿名日記ゆえに、本音が余すところなく出ていて良い。読んでいるといろいろと思うところがあったので、ビッグウェーブに乗り遅れた感はあるが、僕なりのアフターについての考え方を述べていこうと思う。

プロカメラマンに報酬を支払って撮影依頼するのが一番の早道

結論から言うと、年の離れたカメラマンとアフターを一緒にするのが苦痛で嫌なら、お金でプロのカメラマンを雇えば良い。専用スタジオで女性カメラマンに撮って貰えるというサービスもある。料金の相場はサービスの内容に寄るが、3万円から15万円といったところだろうか。お金を払えば本物のビジネスライクな関係が手に入るだけでなく、プロカメラマンがプロ機材で撮影した素晴らしい写真を手にれることが出来る。

ただコスプレ撮影となると、コスプレするキャラクターのイメージに合ったコスプレイベントやスタジオなどで撮って欲しいという場合が多いだろう。そういう場合は出張してくれるプロのカメラマンをお金を払って雇えば良いが、プロカメラマンと言っても、得手不得手のジャンルがあるので、悩ましいところだ。アニメやゲームなどのオタク産業に理解を示さないカメラマンも多い。要は依頼は受けるがブツクサ文句を言いながら撮る人もいる。

また、この手のサービスは、撮影枚数が100枚~200枚程度と少なく、貰えるデータもその日の撮影データ一覧から数枚選ぶという方式なので、全データお渡しが常識となっているコスプレ写真には不向きである。しかしこれが業界の慣例であり常識であるから仕方がない。

三脚自撮りで撮る

有名なコスプレイヤーの中には、自分のカメラとレンズで三脚を使って撮っている人もいる。プロに引けを取らない写真が撮れるし、自分自身がカメラマンであり被写体でもあるので、どういう絵が欲しくて、どの角度から撮れば顔が盛れるかを心得ているから、最高の一枚が撮れるはずだ。

何も高いカメラやレンズを買う必要はない。エントリー機とキットレンズで十分だ。三脚も中型三脚で充分、3000円程度で手に入る。後はストロボとトランスミッター、ディヒューザー、2000円程度のリモコンを購入すれば良いだろう。初期投資は10万円~15万円ほどかかるが、カメラマンが見つからないといった悩みからも開放される。

撮影のご依頼お待ちしています!

最後の手段として、僕に撮影を頼めば解決する。若いし、アニメやマンガやゲームに精通しているし、僕自身もコスプレをしているから、コスプレに対する偏見がないし、コスプレイヤーの気持ちや撮って欲しい構図に対する飲み込みが早い。コスプレ撮影の経験も豊富。この3年間に20万ショット以上のコスプレ写真を撮影。野外、スタジオ、遠征、夜撮、雨撮と何でもこなしてきた。機材もプロが第一線で使っているカメラとレンズを一式揃えているので、どのような要望にも、ほぼ答えることが出来る。撮影枚数も1日に500枚から1000枚と多い。

ただ撮影枚数が多いだけではない。撮影させていただいているモデルさんから、いつも使える写真ばかりと褒めて頂いている。ピントはガッチリ合ってるし、構図も完璧だ。肌を綺麗に写すスキルも心得ている。百聞は一見にしかず、これまでの撮影した写真を実際に見ていただければご納得いただけると思う。

★これまでに撮影した写真はこちら。(marchen photo)

データのお渡しも1000枚程度なら、撮影翌日の夜までには渡せる。その1000枚すべてRAW現像で理想的な明るさや肌色に完璧に修正してから、JPEGデータでお渡しできる。

というわけでアフターについて語るつもりが、なぜかお仕事お待ちしてますの内容になってしまいましたが、ご興味持たれました方は、フォームメールからいつでも撮影のご依頼受け付けておりますので、お気軽にメッセージをお送りくださいませ。

★料金体系

  • 撮影料金 5時間まで・・・3万円+撮影現場までの交通費・イベント参加費・宿泊費
  • 5時間以降の追加料金・・・1時間につき8,000円

※電車とバスとタクシーで行けるところなら、日本全国どこにでもお伺いできます!

撮影ご依頼のお見積もりはこちらからどうぞ!