etoile studio

雨撮影に必須の雨避けグッズはレンズフード!

レンズフードは雨撮影必須の雨避けアイテム。

レンズフードは雨撮影必須の雨避けアイテム。

雨撮影、楽しんでますか?(TV通販風の挨拶)。雨撮影は過酷であると先日記したが、過酷である理由の1つに、機材が濡れる点が上げられる。

カメラやレンズ、ストロボはすべての製品が防塵防滴仕様ではない。防塵防滴仕様でない機材を何の保護もないまま雨の中で撮影すると、故障する恐れもある。

カメラやレンズ、ストロボは中々に高価だ。ビニールやハンドタオルで保護するなど、ほんのちょっとした一工夫で、故障を避けることが出来る。

雨撮影が過酷なもう一つの理由は、雨粒がレンズの前玉に付着する点だ。撮影中にレンズ専用の布で何度も拭かなければならず、これが中々に面倒な作業となる。拭いても拭いても雨粒がつき、拭いた跡が残る。

レンズの前玉に雨粒が付着するのを避ける簡単かつ手っ取り早い方法は、レンズフードを装着して撮ることだ。レンズフード、皆さんは普段の撮影では装着しているだろうか。筆者はいつも持って行く機材が多いので、すべてのレンズのレンズフードを持って行かない事が多いし、持って行ったとしても装着しない場合が多い。

しかし雨撮影の時は必ず装着することにしている。基本的にレンズフードは広角レンズ用は短く、標準レンズより焦点距離の長いレンズ用のレンズフードは、奥行きがある。雨撮影で使う時のレンズは標準レンズ以上、特に中望遠や望遠レンズを使うことが多いので、奥行きのあるレンズフードはそのまま雨避け対策としても使える。

強めの雨でも、レンズフードを装着したので、快適かつスムーズに撮影することが出来た。

強めの雨でも、レンズフードを装着したので、快適かつスムーズに撮影することが出来た。

昨日も太秦映画村で撮影してきたが、いつものように雨が降り出し、レンズフードがレンズの前玉への雨避けとして大活躍した。天気予報を確認して雨が降りそうな時は、普段部屋の片隅で埃を被っているレンズフードを持参することをお薦めしたい。