etoile studio

花火撮影におけるスローシャッターと絞り値の最適な設定を見極める

ここ8年間で5回程、花火撮影に赴いたことがある。今年はどういうわけか花火撮影に対して意欲が旺盛な筆者だ。TwitterのTL(タイムライン)に流れてくる他のカメラマン達が撮影した芸術の域に達した素晴らしい花火の写真を見る […]

続きを読む ⏵

苦手な撮影分野を克服する為の処方箋

写真撮影を進めていくと、苦手な分野が壁となって立ちはだかることがある。それは経験の少なさから上手く撮れないだけなのだ。撮り方のコツさえ覚えれば、苦手意識は克服できる。今回は苦手な撮影分野を克服するための方法を見ていこう。 […]

続きを読む ⏵

開放 or 絞るって撮る?

ポートレートやコスプレ撮影などで、モデルを前にした時に開放で撮るか絞って撮るか。この二つの選択は時と場合によりけりだろう。ピンショットなら開放で撮っても差し支えないが、ツーショットやスリーショットなら、どうしても絞らざる […]

続きを読む ⏵

大型併せのカメラマンはオーケストラの指揮者のように振る舞おう

先日シェアスタジオで大型併せの撮影に行ってきた。大型撮影は常に挑戦なので、エキサイティングだ。まず人数が多いので、緊張感が個撮や小型併せとは異なる。大型併せのカメラマンはさながらオーケストラの指揮者のような立ち位置だろう […]

続きを読む ⏵

花火を綺麗かつ芸術的に撮る方法

夏と言えば花火、カメラを趣味にしている人たちにとっては一大イベントだ。時代だろうか、花火大会に赴くとみんなスマホを宙に掲げて花火を撮影している。一昔前は皆ガラケーを同じように掲げて花火を撮っていた。 ガラケーやスマホで花 […]

続きを読む ⏵

集合写真を撮る時は超広角ズームレンズではなく標準ズームレンズを使おう

集合写真を撮る時に焦点距離を自由自在に変えることが出来る、つまり画角を自由自在に変える事が出来るズームレンズは重宝する。撮影場所によっては全員をフレーム内に収めるために、距離が取れなかったりすると、単焦点レンズでは被写体 […]

続きを読む ⏵

ストロボをオフにしてその場所の明るさを確かめる – ISO感度を上げて撮る時 #9

カメラマンにも得手不得手がある。白っぽい感じの写真は得意だけれど暗い感じの写真は苦手という人もいれば、その逆も又しかりで白っぽい写真は苦手だけれど、ストロボをパーンと当てた暗いイメージの写真を撮るのは得意という人もいる。 […]

続きを読む ⏵

写真撮影の設定で覚えるのは3つだけ!

一眼レフデジカメ初心者にとって、カメラの設定は初めての大きなハードルとなる。しかしこのハードルを越えなければ、写真上達の道はおぼつかない。 上手い写真を撮るにはどうすれば良いかという方法論は、それこそたくさんの書籍が書店 […]

続きを読む ⏵

暗い場所で環境光を活かして撮る – ISO感度を上げて撮る時 #8

暗い場所でISO感度を上げて写真を撮るのは、写真撮影の常道だ。初心者でも上級者でも暗い場所ではISO感度を上げて写真を撮る。暗い場所で明るく撮る為の最も手っ取り早い方法であり、最もよく知れ渡っている方法だろう。 余り外光 […]

続きを読む ⏵

24mmの焦点距離で集合写真を演出してみよう

24mmといえば広角、もしくは超広角の焦点域に分類される。広く撮れるので、通常は風景写真を撮る時に用いられる焦点距離だ。 一方、その広く撮れるという利点のみに目が行ってしまい、カメラの初心者が集合写真を撮る時に、使いがち […]

続きを読む ⏵

5 / 10« 先頭...34567...10...最後 »