etoile studio

シャットダウン、スリープモード、Bluetoothをオフ、iMacを使っていない時に電気代を抑えるのに最適なモードは?

スリープ時の消費電力を抑えるには、スリープ時はBluetoothオフが効果的
スリープ時の消費電力を抑えるには、スリープ時はBluetoothオフが効果的

iMacを使っていてまず始めに気になったのは消費電力だ。仕事柄パソコンは起きている間はほぼつけっぱなし状態で、ノートパソコンからデスクトップパソコンに買い換えたときも消費電力が気になった。

iMac 27inch 5K Retinaディスプレイの消費電力はそもそもどれくらいなのか。アップルのサポートページから検索してみると、次のような情報が出てきた。

iMac の電力消費と熱出力情報 (Apple公式サイト)

待機中は71W、CPU最大稼働時は217W。

電源をシャットダウンすべきか、スリープモードにすべきか。寝る前に電源をシャットダウンすれば電気代は抑えることが出来るが、再度電源を入れたときに少し時間がかかるのが気になる。

一方でスリープモードにすれば、次に立ち上げるときにMagicTrackPadかキーボードを押すだけですぐに元の状態に戻るので、再びパソコンを使用する際に心理的ストレスがかからない。

iMacは電源を落とすよりもスリープモードを推奨しているという話もネット上で聞いた覚えがあるが、どうも定かではない。どちらでもパソコンにかかる負荷は変わらないというのをネットで読んだ記憶がある。

Mac OS X:ファイルシステムのジャーナリングについて (Apple公式サイト)

macOS Sierra: 電力を節約する (Apple公式サイト)

ハードディスク、特にSSDにかかる負荷を気にしている方もいるようだ。

imacはスリープかシャットダウンかどちらが良いのでしょうか? (Apple公式サイト)

アップル公式フォーラムの回答欄には、スリープと電源オフの月の電気代の差額は約20円とある。

ところで、スリープ時の消費電力と電気料金はどれくらいだろうか。実際に計測した方がブログに情報を載せている。

imacスリープ時の待機電力と電気代はどれくらい? (What Is Work For)

iMacのスリープ時の消費電力?実際に計測してみた! (Yuk1だーるま)

どちらも実験対象が同じ機種iMac(21.5-inch, Late 2013)で、iMac(27inch 2017)ではないので、どこまで参考にすれば良いのか迷った。同じスリープモードでも一方は70WでBluetoothをオフにすれば1W、もう一方はBluetoothを切っているかどうかは不明だが、1Wと実験結果が分かれている。

前者の記事の実験結果を受けて、後者の記事が実験してみたという流れだ。

果たして、スリープ時の消費電力を70Wなどではなく1Wに抑えるためには、Bluetoothをオフにするのが正解なのだろうか。

Bluetoothをオフにすればかなり電気代は節約できそうだが、オフにするとスリープモードでもパソコンを立ち上げるときに後ろにある電源ボタンを押さなければならず、Bluetoothが再起動するまでキーボードとMagicTrackPadが反応するのに若干のタイムラグ(5〜15秒程度)が生じるのが玉に瑕。快適な使用を追求するなら、この不便さは少し気になる。

Bluetoothだけで70Wも電力を消費するだろうかという意見もある。果たしてどうなのだろう。実験するのが面倒なので、誰か器具を購入して実験してみてください(笑)