etoile studio

三脚で縦構図で撮る時の煩わしさから解放してくれるアングルチェンジャーQ

アングルチェンジャーQを使えば、縦構図の写真を三脚を使って撮るときに、カメラの重心を中央に持って行ける。

アングルチェンジャーQを使えば、縦構図の写真を三脚を使って撮るときに、カメラの重心を中央に持って行ける。

三脚を使って風景写真を撮る時、カメラを雲台に載せて横にしていると、長時間露光で撮っても写真はブレない。しかし2way雲台を縦にして縦構図で長時間露光で撮ると、盛大にブレた写真が撮れてしまう。カメラの重心が三脚の中央から横にはみ出しているせいだろうか。安定性に問題があるのかもしれない。

コレは困ったな、何か対策はないだろうかと、色々考えてみた。使っていたのは5万円チョットしたベルボンのなかなか良い雲台付き三脚。コレでカメラを縦にするとブレるという事は、もっと良い三脚を買わなければならないのだろうか。

となるとジッツォの三脚が視野に入ってくる。風景写真を撮るカメラマンなら誰もが憧れるというジッツォの三脚。もちろん高価だ。検索してみたら雲台付きで15万円と出てきた。

三脚に15万か・・・。ヨドバシポイントが15万円分近く残っているが、レンズやiMacも欲しいし・・・。

他にも色々調べてみることにした。とりあえずベルボンのサイトに繋ぐと、三脚のアクセサリーが売っているのでクリックしてみたら、何と三脚に乗せたカメラを縦にして撮る時の機材が売っているではないか。

このアクセサリーには、小さな板状の機材、クイックシューもついてくる。コレをあらかじめカメラに取り付けておけば、カメラの三脚への着脱がスムーズに行えるのだ。

というのもカメラを雲台のネジに直に取り付けると、レンズ交換や移動時に三脚からカメラを外す時に、いちいちネジを緩めてカメラを取り外さなければならない。そして別の場所で再度撮影する時には、またネジを締め直さなければならないという煩わしい行程を経なければならないのだが、コレをカメラに取り付けておけば、カチッと嵌めたり外したりするだけで済むという具合だ。

クイックシューを使えば、三脚にカメラを取り付けたり取り外したりする作業がワンタッチで出来る。

クイックシューを使えば、三脚にカメラを取り付けたり取り外したりする作業がワンタッチで出来る。

さて、このゴツいアクセサリーを三脚にネジで取り付ける。コレにカメラをカチッと填め込めば準備完了。縦に撮る時は、カメラの重心が三脚の中央になるように、2つの留め具を回して調整することが出来る。簡単に縦構図にも横構図にも出来るから非常に便利。

カメラを縦位置にしたときに、重心が中央に来るようになっている。

カメラを縦位置にしたときに、重心が中央に来るようになっている。

又兵衛桜を撮影した時に実戦投入したが、ミラーアップに設定したカメラを縦にして長時間露光で撮ってもブレない写真が撮れた。コレがなければブレまくっていたことだろう。15万円を8000円にまで節約することが出来た。もちろんお金に余裕があれば、ジッツォの三脚を買っているのだろうけれど。

あと、三脚使用禁止の場所でも、アングルチェンジャーQにカメラを取り付けて地面やテーブルに置けば、綺麗な夜景写真が撮れそう。

マクロ撮影にも活躍する。

マクロ撮影にも活躍する。

カメラの着脱が素早くできたり、三脚で縦位置横位置を素早く変更できたりと、使い道の多いアクセサリーだ。風景写真を撮りに行く時にカメラバッグに忍ばせておけば、いざという時に役立つ事だろう。