etoile studio

Klab暴落

スマホゲーム、ラブライブ・スクールアイドルフェスティバルが業績を牽引しているklab(3656)が暴落。通期業績の純利益を57%下方修正の7億5900万円に。13時30分現在で、前日比-17%(204円安)の950円。

Age of Empireはまだリリースしない。リリースしたところで、ネームバリューはあっても古いゲームだし、似た様なスマホゲームは他社からたくさんリリースされているので、リリースされたところで株価が上がるかどうかは甚だ疑問。そもそもスマホゲーム銘柄界隈では、期待されていたゲームがリリースされたら暴落する傾向にあるので、今更リリースされたところで、株価に影響があるかどうか。むしろずっと延期を繰り返してきたゲームがリリースされると発表されれば、意外性で株価が反発するかも知れない。

そもそもここの決算発表資料は、業績が悪かった時分に、NAVERのまとめサイトで話題になるくらいいい加減な図解を出してきた前例があるので半信半疑で不安。

スクフェスの大ヒットがklabの救世主となった。2年ほど前に友達がスマホ両手に何か熱心に遊んでいるので尋ねてみたら、スクフェスだったので、その時にピンと来てKlabの株を買っていれば底値で大もうけ出来たことだろう。思えばガンホーもmixiもこの頃はまだ暴騰前だったのではないか。

ラブライブの当初のキャラデザインは、どことなくコナミの『ときめきメモリアル』のキャラビジュアルを彷彿とさせる時代遅れ感があった。絵が90年代後期の美少女ゲームっぽくて、目が死んでいる様な冴えないイメージだったのだ。それがブラッシュアップされて今のまん丸なビジュアルイメージとなり、アニメも放送されて一躍時代の寵児となった。おそらく今年のNHK紅白歌合戦では、μ’sのメンバーが華を飾ることだろう。ラブライブの人気に火がつき、スクフェスも大ヒットして、Klabの株価も2525円(矢澤にこの十八番の台詞「にっこにっこにー」)まで上昇した。

その後は1000円近くまで下落。予定されていたゲームリリースの遅延が続く中で、意外にも海外大ヒットドラマgleeがリリースされたことで、株価は2000円台まで回復したが、中国株暴落の煽りを受けて下降トレンドに転換し、今日の下方修正発表で1000円を割り込んだ。

思えば3年前に、まだ人気が出る前のラブライブのコスプレを撮影したことがあった。そのコスプレイヤーさんがゲーム好きだったので、klabを調べるきっかけはあったわけだ。

ラブライブはアニメの二期が終了し、映画も無事終わったことで、穂乃果たち9人のメンバーの物語は完結したわけだが、今後スクフェスの売り上げがどうなっていくのか。穂乃果たちを軸に据えた新しいアニメが作られない状況の中、新規の顧客をどう開拓していくのか。

更に、先般バンダイナムコHD(7832)からリリースされた、アイドルマスターシンデレラガールズが売り上げ10位以内をキープしている中で、同じ音ゲーとして競合しているスクフェスの売上にどこまで影響があるのか。

ラブライブの新作アニメは、メンバーを心機一転した『ラブライブサンシャイン』が控えているが、ヒットするかどうかは全くの未知数。かつて大人気だった美少女恋愛ゲームの金字塔、コナミの『ときめきメモリアル』も、今ではすっかり下火なのを考慮に入れると、ラブライブも時の趨勢とともに、人気は衰えていくのではないか。それともガンダムシリーズのように時代の流れに合わせて、キャラクターを変え、様式を変えてしぶとく生き残っていくのだろうか。

趣味でコスプレ写真を撮っているが、ラブライブのスクフェスの衣装は人気ジャンルだ。新作衣装が矢継ぎ早に発表されるにもかかわらず、彼女たちは自分で布を買ってきてミシンで自作したりネット通販で購入したりして、可愛く煌びやかに着飾って写真を撮って貰う。彼女たちの中にはスクフェスに課金している子達もいる。コスプレイベントやスタジオで、スクフェスのコスプレをしたコスプレイヤーが少なくなっていったら、スクフェス人気も下火になるのだろうか。

これらの点を踏まえて、肝心のKlab株価の先行きを予想してみると、暗澹としている。テクニカルチャートとしては、直近高値から半値まで下落しているので、今回のネガティブ決算発表で膿を出し切って反発と行きたいところだが、スマホゲーム銘柄全般が、業績好調でも、市場コンセンサスを下回った業績の伸び率で株価が低調な上、期待が大きい分、信用買残も多いので、需給関係が改善されるにはまだ時間を要する恐れがある。

mixiもマーベラスも、バンダイナムコHDも業績は良いが、コンセンサスを下回ったために売り浴びせられた。今後のスマホゲームはどこまで成長性があるのかを考えると、既に市場飽和状態で、売り上げを伸ばすのはなかなか至難の業なのではないか。予想PERも45倍と割高なので、今日急落したからといって、明日買い急ぐことはない。1500円の高値から380円まで下落したブロッコリーの先例もある。500~600円近くまで下がったら、購入を検討しようと思う。