etoile studio

FGO始めました – お正月FGO福袋イベントのガチャ結果と基本的なゲームの進め方概要

初めて数日してお正月福袋というビックイベント!
初めて数日してお正月福袋というビックイベント!

あけおめことよろ!

お正月は初日の出を見に行って、おせちやお雑煮食べてお酒飲んで、FGOやってと充実した一日だった。

年末にこっそりとスマホゲームのFGOをダウンロードしてプレイし始めた。記憶が正しければディズニーマジックキャッスルアイランド以来のスマホゲーム。あちらの方は農場を広げたいために何度か課金したがいつの間にか興味も失せて止めてしまった。

普段コスプレ撮影をしていてFGOのコスを撮ることが多くなり、年末に豪華なFGO25人大型合わせを撮影する機会があり、いろんなキャラクターがいて面白そうだったのでゲームをやってみようかという気になった。

以前からTwitterのTLで「マーリンが出た!」と盛り上がっていたこともあったし、2年ほど前にも弁天町にあるスタジオで別のスマホゲームA3のコスプレ撮影をしている最中に、「シャーロック・ホームズが出た!」と異様なまでの盛り上がりを垣間見たことがあったので、ゲームについては気になっていたのだが、年を取ると30分のアニメを見続けるのもゲームをプレイするのも見る前やる前から疲れを感じ、なかなか取りかかれないもどかしさを覚えるようになり遠ざかっていた。それが騎士に王女に聖職者に和装にアサシンにと色とりどりのキャラを1度に目の前にして、ちょっとプレイしてみたくなったのだ。

元々世界史や文学は大好物なので、それらをモチーフにしたキャラクター達が多数登場し、イベントで史実を脚色した物語が展開していくのも面白いと思った。ということで重い腰を上げてダウンロード。

ゲームを立ち上げると、いろんな解説が続くが、1度に覚えられるわけがないので、プレイしながら覚えていくことにする。カードバトルのようなゲームで、ランダムで出てくる3種類のカードを組み合わせながら、各サーヴァントの特技なども発動させて敵を倒していく。

カードが三種類あり、赤いカードが攻撃力増加、青がNP増量、緑が次の攻撃でクリティカルヒットを発動することが出来る星を得られる。NPとは何だろうか、恐らくドラクエで言うところのMP(マジックポイント)だろう。NPが100%溜まると宝具を使った必殺技を繰り出す。宝具にも敵個体に大ダメージを与えたり、敵全員に大ダメージを与える攻撃系から、味方のHPを回復したり攻撃力や防御力を高めたりする防御系がある。

スマホゲームには余り課金したくない。ただでさえカメラ関連にウン十万と課金しているのに、ゲームに課金するのもな。という戸惑いや躊躇いも、2019年元旦キャンペーン「福袋召喚2019」に見事に打ち抜かれた。普段30個の聖晶石で10回引けるところ、15個で10回引ける。しかも対象の期間限定SSR★5一騎が確実に手に入るとある。

今回のFGO福袋は無料の聖晶石ではなく有料の聖晶石でないと引けない。年に一回のお正月だから、「ここで引いとかないと後で引くところないよ」的な展開になりそうだし、思い切って課金することにした。商売上手だなぁ。

興味を焚きつけて、年に一回という希少性と限定の期間を設け、今でないとお得に手に入らないと購買意欲を煽り、購買欲が漲っているその間も隙を与えず同じ画面内に「召喚」と名の付いた購入ボタンがあり、ボタンを押したらすぐに購入画面に移れるスムーズさが心地よくもある。早速購入ボタンを押すと、年齢を選択する画面に移る。未成年は1ヶ月3万円までの課金制限が課されている。勝手に多額を課金したりするのを防止するための配慮だろう。20歳以上は制限無し。

永遠の15歳なのでなんだか怖いので〜15歳を選んだ。1ヶ月5,000円まで。妥当な値段だ。昔のファミコンソフトとほぼ同じ値段。

12個の聖晶石と6個のオマケの無料聖晶石。あと有料の石が3個必要なので、聖晶石4個とオマケ無料1個も追加購入。1,480円と480円で約1,960円。

早速ガチャをひいてみた。ガチャを!みんなツイッターで言いまくりなので、一回言ってみたかった。

初めふざけたイラストのカードが出てきて、え?と固まったが、その後は全身覆われているサーヴァント、その次にメガネっ娘の女子高生が出てきた。謎のヒロインX。なんだこれ。植芝理一原作の漫画『謎の彼女X』のもじりか?ちなみにこの作者の『大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック』が凄く面白い。アラサー・アラフォーのオタクにはお薦め。あとついでに似たテーマの漫画で『タイムスリップオタガール』も超オススメ。インターネット老人会で盛り上がっている人たちの心に響くノスタルジックヲタ漫画。

なんだかんだ文句言いながらも、SSR★5という快挙に大喜び。そしてもう1人出てきたサーヴァントもSSR★5のマーリンだった。以前ツイッターで盛り上がっていたサーヴァントだ。さすが福袋、ホクホクである。でも本当はスカサハが欲しかった。

元旦午前4時以降から発動されたお年玉ログインボーナスも貰って無料の聖晶石も30個も貰えたし、ショップでも曜日イベントで貯めたマナプリズムを使って福袋と交換して、気がつけば無料の石が80個くらいになってた。

もう一つの2019年正月イベントではSSR★5の紅閣魔の出現確率がアップとある。萌えアニメ系の絵柄。他のキャラでもSSR★5のサーヴァントが出るのだろうか。SSR★4のタマモキャットは無料ガチャで引いたときに出てきたように思う。

お正月だしおめでたいからこういう時のガチャイベントは出やすいのかなと、無料の聖晶石を使ってカードが10枚出るのを3回引いた。色々出たけれどSSR★3止まりで諦めかけていたら、3度目の正直でSSR★5の玄奘三蔵が出てきた。コス撮影で撮った事のあるサーヴァントだ。

スクスク育てようと思ったら、曜日イベントで貯めたレベルアップの経験値が貰える星のカードの内の、キャスターに使うとボーナスEXPが貰えるカードを切らしていた。マーリンやメフィストフェレスに使っていた。メフィストフェレス、声が子安で凄い素っ頓狂なキャラで如何にも悪魔の道化師という感じ。静けさの中で大晦日を過ごしていたが、スマホから流れてくる声は無駄にテンションが高かった。

レベルアップと言えば、戦闘を積み重ねていけばドラクエみたいに自然にEXPが上がるかと思ったら、プレイヤーである主人公自身のレベル上げに関してはそうなのだが、サーヴァントに関しては事情が異なり、敵を倒したら時々落としてくれる宝箱から様々なランクの星のカードや、ガチャやイベントクリアで獲得したサーヴァントと合成させると、EXPが得られレベルが上がっていくという仕組み。放っておいたら星のカードが結構溜まるので、ドラクエとは違い一気に上げることが出来る。年末年始FGO三昧だったが(これを書いてる時点ではまだ元旦だけど)、主人公のぐだ男はレベル54、サーヴァントのレベルはレベル45,40など上限まで上がった。この上限の更に上に上げるためには、所定のアイテムを必要数集めて開放する必要がある。

というわけで4日間プレイしてみたスマホゲーム初心者の体験記と感想でした。ではまた。

今年も1年ヨロシクお願いします!