1年間で1500冊以上の電子書籍を買った僕がコッソリ教える電子書籍のお得な買い方

電子書籍のお得な買い方

本も漫画も滅多に読まない僕が、なぜ電子書籍を爆買いするようになったのか。

昨今ますます存在感が増す電子書籍。ある調査に寄れば、紙の書籍の売り上げは下がってきている一方、電子書籍は右肩上がりの売り上げ推移を見せているという。

僕はここ1年の間に1500冊以上の電子書籍を購入してきた。これまで熱心な読書家だったかというとそれ程でもない。漫画もそんなに買わないし雑誌は滅多に買わない。小説や教養書などの活字の小説も最近はご無沙汰していた。

何より読む時間がないし、面倒臭い。本を買うと読まない本が積ん読状態で放置されていて、部屋の中が埋もれてしまう。それに買ったところで紙の本は酸化してしまう。本棚に収まっている文庫本も酸化しているし、漫画の紙はもっと酸化しやすい。

実は僕は漫画雑誌などの強いインクの臭いを発する紙を触ると、手が痒くなる症状があり、そのせいもあって余り雑誌を手に持つ気分になれないし、買わないようにしている。何より漫画雑誌は、好きな作品が一つあっても、その他の作品は余り面白くないと思うところがある。週刊少年ジャンプ以外はだいたいこの傾向が強い。

ではジャンプは買わないのかと問われると、やはり買わない。内容は8割方面白のだが、なんだか値段が高い。一昔前よりも高くなっている。缶ジュース2本分くらいじゃないかと思われるかもしれないが、ジュースはいつも1本100円で売っているスーパーで購入している節約家の僕にとって、読み終わったらどうせいつかは捨ててしまう物に毎週お金を払う気が起きないのだ。雑誌も同じ理由から永久保存版の内容が載っているもの以外は買わない。

文庫本の小説も買わなくなってしまった。単純に忙しくて読む時間がないというのもあるし、昔よりも本を読む気力がなくなってきた。積ん読状態の文庫本も結構たまっている。活字の本は漫画よりも読む時間がかかるのでコストパフォーマンスに優れているが、何より読むのが面倒くさい。読まない本が溜まっていくうちに結構な量になるので、どうせ読んでないしこれ以上買う必要ないよなとなる。

単行本は久しく買っていない。村上春樹の新刊以外は買わない。単純に場所を取るというのと、値段が高いというのがある。単行本をバカスカ買っていたら、あっという間に狭い本棚が埋まり、狭い部屋が逼塞してしまう。

これらの要素が僕を紙の書籍から遠ざけていた。これでも僕は結構読書家だった時期があって、本棚には300冊くらいの日本文学や海外文学の文庫本、単行本などが詰まっている。それでも最近は本という媒体を敬遠していたのだ。電子書籍が登場するまでは。

ここ1年ほどで僕がどんな電子書籍を買ってきたのか、媒体別、ジャンル別に見ていこう。

いずれも期間限定でしか閲覧できない無料お試し本や、無料の青空文庫は数から除いている。

まずはSonyのReaderで購入した電子書籍。ジャンルに分かれているので、確認が楽だ。

書籍(活字の本)・・・・・・82冊
雑誌・・・・・・86冊
コミック・・・・・・627冊
計795冊

お次はhonto。こちらはジャンル項目がないので合算で。

計617冊

最後はアマゾンのKindle。

計103冊

計 1,515冊!調べ上げた自分でもビックリするくらい購入していた。

ここで疑問に思われるかもしれない。一冊500円として、1年間で75万円以上も電子書籍につぎ込んだの?と。

でも僕はそんなにたくさんのお金を電子書籍につぎ込んだ覚えはない。せいぜい多くても2~30万くらいだろう。ではなぜその値段で1,500冊以上も電子書籍を購入できたのか、ここにはこんなカラクリがある。