etoile studio

カメラやレンズを買う絶好のタイミングはいつ?

いつかは手に入れたい夢のサンニッパ。実売価格60万円超。
いつかは手に入れたい夢のサンニッパ。実売価格60万円超。

昔ヨドバシカメラ梅田の2階にソニーのハイビジョンビデオカメラが展示されていた。価格にして30万か40万円くらいだったと思う。その頃持っていた一眼レフデジカメは初代5Dで、動画機能はついていなかった。

漠然と欲しいなぁと思っていた。なぜ欲しかったのか、今となってはその動機が良く思い出せない。動画を撮る機器を持っていなかったからかもしれないし、ただ単に物欲が強かっただけかも知れない。映画が撮れるかも!と夢見ていたのかも知れない。

30万円と言えば大金だ。結局数年迷って諦めたのだけれど、今にして思えば買わなくて良かった。だってどうせ買ったところで、宝の持ち腐れになることは目に見えている。映画を撮りたいと言ってもモデルになってくれる子はいないし、動画を撮りたいと思っても、特にお祭り好きでもないし、撮る被写体が思いつかない。単に綺麗な動画を撮ってテレビに繋いで、コンシューマー向けのビデオカメラのハイビジョン動画がどのようなものなのか観てみたかっただけかも知れない。しかしそんなのは1、2回やったら飽きる。

それから数年経ち、Canonの1DXを購入した。約60万円。ソニーのビデオカメラの2倍の価格だ。

今度は購入動機がハッキリとしていた。撮りたい被写体が見つかったからだ。その為ならお金を惜しまない。貯金はゴッソリと持って行かれたが、僕はその後高級レンズも買い漁るようになった。撮りたいものが見つかると、こうも財布は緩むのだ。

買いたい時に買わないと機会損失に繋がる。その時の一瞬はその時にしか撮れない。漠然と「欲しい」という気持ちだけではダメだ。心の底から、撮りたい、という想いがないと、行動に繋がらない。

もしあなたが、何となく欲しいと思っている内は、買わない方が良い。使われず、埃を被ることになるかも知れない。アレが撮りたい!コレが撮りたい!あの子が撮りたい!もっと綺麗に撮りたい!という強い想いがあれば、迷わず買うべきだろう。