etoile studio

Adobe Lightroomで500枚~2000枚の写真補正を30分~2時間以内に完成させる補正テクニック!Lightroom RAW現像講座 人物写真編

RAW現像の悩みを一気に解決!1000枚の写真も1時間あれば現像できる!

RAW現像の悩みを一気に解決!1000枚の写真も1時間あれば現像できる!

RAW現像はやりたいけれど、やり方が分からない・・・。たくさんの写真を撮ったけれど、全部現像していたらモデルにお渡しするのに1ヶ月以上掛かってしまう・・・。

いざ写真を編集する段階になって、こんな悩みを抱えたことはないだろうか。今回紹介するRAW現像講座は、アナタのそんな悩みを吹き飛ばしてしまう事だろう。

なぜRAW現像なのか。それは写真をあなたが理想とする色合いに仕上げることが出来るからだ。たとえ今はRAW現像できなくても5年後10年後には環境が変わり、RAW現像できるようになっているかもしれない。ふと昔撮った写真のことを思い出して、ハードディスクから引っ張り出してくれば、思い出に浸るだけでなく、RAW現像ソフトを使って理想的な写真に仕上げることが出来る。失敗したと思っていた写真を甦らせることも出来るし、うまく撮れている写真を、最上の仕上がりにすることも出来る。

RAW現像は時間が掛かる・・・。そんな悩みを一気に解決!

RAW現像の問題点は、手間暇が掛かることだ。ポートレート撮影でもモデル撮影でもライブ撮影でも、モデルやレイヤー、演者に写真をお渡しする段階で、当日中に渡せるのか、1週間後なのか、はたまた1ヶ月後なのか、2ヶ月後か、それ以上かかるのか・・・、人によってその対応はまちまちとなっている。1週間以内なら許容範囲だが、1ヶ月後ではモデルから遅すぎると文句が出るかも知れない。本音としては当日中に欲しいという人もいるだろう。

そこで妥協してJPEG撮って出しで渡したり、サムネイルだけ送って、希望する写真だけRAW現像して渡すといった方法が採られがちだが、撮影を依頼した側からすれば、その日撮った写真すべてが欲しいと思うもの。それも出来るだけ速く。「選別は私たちがするからデータ全部渡して!」というのが本音だろう。

しかしその日撮影した全ての写真、例えば500枚近くの写真をすべてRAW現像してお渡しするとなると、途方もなく時間が掛かってしまう、仕事だってあるし無理、と諦めてしまいがちだ。

ところが無理ではない。撮影方法とRAW現像のやり方を心得ていれば、1000枚でも2000枚でも、2時間あればRAW現像ソフトを使って全ての写真を補正することが可能だ。

5年間の撮影活動で得たノウハウを詰め込んだRAW現像テクニック!

今回のプレミアム記事では、最短距離でRAW現像を仕上げる事が出来るテクニックを紹介している。筆者自身ここ5年間で40万枚近くRAW現像をこなして、撮影を依頼してきた人たちに、ほぼすべてのデータをRAW現像して撮影日の翌日に渡してきた実績がある。この5年間で培ってきたノウハウを、プレミアム記事で余す所なく公開している。

今回のRAW現像講座は、スタジオで撮影した人物写真におけるRAW現像の補正方法を扱っている。ソフトボックスやアンブレラなどのライティング機材を使った現場での撮影にも触れている。

本講座と合わせてこちらの2つの記事も併せてご購読頂ければ、500枚でも1000枚でも2000枚でも、30分から2時間程度でRAW現像を終わらせることが出来るスキルを身につけられる。

本講座併せて3つのRAW現像講座は、次のような方の要望に応えるために最適な講座内容となっている。

  • RAW現像はやりたいけれど、やり方が分からない。
  • 写真が多すぎて全部の現像終わらせるのに1ヶ月以上も掛かってしまう。
  • RAWで撮ったはいいものの、どうやって現像したら良いのか途方に暮れている。
  • 撮影させて貰ったモデルさんに全てのデータを速く渡したい!
  • 理想的な写真の色合いに仕上げたい。

本講座の内容は以下の通り。

  • ノイズ処理・レンズ補正・パープルフリンジ除去の方法
  • 理想的な肌の色にするための超簡単な調整方法
  • 色温度と色被り補正の効果的な使い方
  • 1000枚の写真を1時間で終わらせる為のRAW現像テクニック

作例を示しながら、実際にRAW現像を行う際にどのような考え方で各数値を調整すれば良いのか、シッカリと身につくよう丁寧に解説している。手間暇掛けず簡単に現像するためのテクニックもちりばめている。ショートカットの連続で今まで膨大な時間が掛かっていたRAW現像をあっという間に終わらせてしまえるテクニック集。

RAW現像の時間が掛かってお悩みの方や、RAW現像初心者の方、綺麗な写真に仕上げてモデルやコスプレイヤーに喜んで貰いたい方のための本講座を購読して、圧倒的なRAW現像テクニックを身につけよう!