etoile studio

これさえ出来ればLightroomが使える!Adobe Lightroom講座初級編 初めてLightroomを使う際の設定と写真の取り込み・書き出し方法を超簡単に解説!

初めてLightroomを使う時は設定に戸惑う。初めてLightroomを使う時は設定に戸惑う。その悩みを本講座で一気に解決!

初めてLightroomを使う時は設定に戸惑う。その悩みを本講座で一気に解決!

よく撮影させて頂いているレイヤーさんから「ちょっと聞きたい事があるんですが」とLINEでメッセージが来た。「Lightroomの使い方?」と返したら、何で分かったんですかと驚かれた。

AdobeのPhotoshopとLightroomは月額に換算して約980円で最新バージョンが利用できる。写真を趣味にしている人にとっては、とてもお得なサービスだ。

しかし初めてLightroomを使うとなると、はじめの設定でつまづく事になる。僕自身もそうだった。はじめてLightroomを使おうとした時、どうやって始めたらいいんだろう、どこから写真を取り込めば良いんだろうと戸惑ったものだ。レイヤーさんから質問が来た時、たぶん、Lightroomの使い方だろうなと推測がついたのはそういうワケだ。

Lightroomのメリットは、他のRAW現像ソフトよりも処理が速い点だろう。使っていて軽い。つまり処理が多少遅いパソコンでも、他のRAW現像ソフトよりは使いやすい。それにパラメータが見やすいので、感覚的に自分の好きな色味や明るさの写真に現像する事が出来る。

何よりRAW現像のメリットは、綺麗に撮れた写真を更に理想的な写真に近づける事が出来る点、露出(明るさ)に失敗してしまった写真でも、失敗の度合いによっては修復が可能な点だ。カメラが手を加える前の文字通り生のデータなので、画質を劣化させる事なく、明るさ、色温度、色合い、ハイライトやシャドウ、ノイズ処理などの様々なパラメータの編集が可能。あなたが理想とする写真に近づける事が出来る。

本講座の内容は以下の通り。

  • はじめてLightroomを使う時に初心者が躓きがちな設定方法を解説
  • 写真の取り込み方法
  • 写真のレーティングと分類方法
  • 写真の書き出し方法

写真を理想的な品質に高めたり、JPEG変換も速くてサクサク動く。文句なしのRAW現像ソフトadobe Lightroomを初めて使う時に初心者が躓きやすい設定の方法を、プレミアム記事で平易に解説している。カクテル一杯の値段で提供しているので、ご興味のある方、これからRAW現像をしようと思ってるんだけどLightroomの設定の仕方がよく分からない、すぐに知りたいという方は是非ご購読頂ければと思う。これからRAW現像という大海原へ乗り出すあなたの一助となる事だろう。※パラメータを動かす具体的なRAW現像方法・補正テクニックは、次の講座で収録予定です。