etoile studio

ポートレートを順光で撮る時

人物撮影でも、太陽のある方角を向いて撮る時もある。

人物撮影でも、太陽のある方角を向いて撮る時もある。

人物撮影の基本は逆光と言われて久しい。太陽をモデルの背にすれば、髪の縁に美しい光が帯びる。この光の縁は俗に「天使の輪」と呼ばれている。

太陽をモデル二人の背後に、いわゆる逆光で撮影した写真。

太陽をモデル二人の背後に、いわゆる逆光で撮影した写真。

しかし逆光で撮るというのは難しいものだ。太陽の光が強すぎると、AFが迷い、ピントが合いづらい。マニュアルフォーカスに切り替えて、手動でピントを合わせるしかないだろう。

慣れていないカメラマンにとってはMFでのピント合わせは難しいかも知れない。マニュアルフォーカスで開放F1.4デモガチピンに撮れる方法は、こちらの記事を参照して頂きたい。

マニュアルフォーカスでも、開放F値1.4でガチピンで写真を撮る方法

また、逆光ばかりで撮っていると、いつもとは違う絵も撮りたくなるものだ。そこで順光で撮るという方法がある。

「でも順光って、顔がテカテカするし、モデルも目が眩しいから渋い表情になるんじゃないの?」

その通り。ただしそれは、太陽が出ている時に限る。太陽が物陰に隠れている時に太陽のある方向に向いて撮れば、モデルも眩しくないし、顔が適度な明るさで照らし出される。空を向いて貰えば、レフ板なしでアイキャッチも入る。

太陽が隠れてしまえば、順光で撮ってもモデルの目も眩しくならない。

太陽が隠れてしまえば、順光で撮ってもモデルの目も眩しくならない。

薄暗い場所では、野外でもアンブレラやソフトボックスを使ってコスプレ写真などを撮りがちだが、太陽が物陰に沈んだ夕暮れ時などは、透明な光を利用して、人の顔や姿を綺麗に写し撮ることが出来る。場所も選ばず、荷物も減らせる。ソフトボックスを使った写真よりも綺麗に撮れることだろう。そこが自然光の旨みだ。