etoile studio

ボカすかクッキリ撮るか 〜ボカして得られる思わぬ効果〜

背景をぼかすと思わぬ効果も。

背景をぼかすと思わぬ効果も。

コスプレ写真を撮っていてよく迷うのが、背景をボカすか全体をクッキリ撮るかだ。ツーショットの写真となると、開放F1.4で撮る場合などは被写体がちょっとでも前後していると、どちらかにピントが合わなくなるから撮りづらい。だから絞って撮るし、絞って撮れば解像感が増すから、今回の作例のようなスタジオが豪華な場所では、シャキッと引き締まった目も冴えるような写真が撮れる。

Model:Cocona & Yabu | F7.1 | 1/250ss | ISO:400 | WB:Auto

Model:Cocona & Yabu | F7.1 | 1/250ss | ISO:400 | WB:Auto

しかしせっかく単焦点レンズを装着しているのだから、思い切りぼかして撮りたいという欲望に駆られる。背景をボカしたらどんな風に撮れるのだろうという好奇心も満たされる。

F2.2や開放F1.4で撮ってみた。55mmなので背面液晶画面で見るぶんにはあまりボケていないように見える。しかし5K Retinaディスプレイで見ると、大いにボケていた。人物が浮かび上がっているように見える。上半身のみのトリミング写真を想定すれば、そのボケ具合がよくわかる。

Model:Cocona & Yabu | F1.4 | 1/125ss | ISO:400 | WB:Auto

Model:Cocona & Yabu | F1.4 | 1/125ss | ISO:400 | WB:Auto

色味が異なるのは、F値を下げて明るくなる代わりにストロボ光を弱めた事で、照明やシャンデリアなどの環境光の方が勢力を増したからだ。オレンジ色の暖かい色味となった。あとやはり、明るくなるという事だから、シャンデリアの光が強くなるという嬉しい効果も現れた。

注意点としては、二人の目の位置が横に平行になるように調整してもらうこと。これで浅い被写界深度で撮影しても、どちらかがボケてしまうといった現象を防ぐことができる。