etoile studio

集合写真は焦点距離35mmではなく50mm以上で撮る理由!

焦点距離の違いで撮れる写真も違ってくる。

焦点距離の違いで撮れる写真も違ってくる。

集合写真を撮るときは50mmの焦点距離がベストだと以前書いた記憶がある。なぜ35mmでは駄目なのか。レンズにもよるが35mmでは両端にゆがみが生じてしまうからだ。隅々まで人物がいる場合に35mmで集合写真を撮ると、サイドが横に歪んでしまう。

どうしても画角が確保できない場合は、35mmの焦点距離で撮るしかない。これ以上焦点距離を縮めると、歪みがどんどん激しくなっていくのでお薦めできない。表現の一つとして歪みを生かした集合写真を撮るという確固たる目的があるなら別だが、そうではない場合、きちんとした集合写真を撮りたい場合は、周辺の歪みは極力避けたい。

もう一つ、35mmよりも50mmで撮った方がいい理由は、人物の大きさに関わってくるからだ。35mmと55mmで7人が4列になる集合写真を撮ってみた。まずは16mmから28mmあたりの焦点距離で撮ってみたが、歪みすぎる。歪みの表現を生かして撮ってみてはどうかと思った、このフォーメーションではあまりうまく撮れない。

そこで次に35mmの焦点距離を選んでみた。55mmよりも先に35mmを優先させたのは、全員の顔、特に目にピントを合わせたいからだ。55mmよりも35mmの方がぼけにくいから、まずは35mmで妥協してみることにした。被写体が写真の中央に集中しているので、周辺の歪みもおそらくは気にならないだろう。

しかしレイヤーさんからOKが出ない。どうも何か違うという。撮っている僕も何か違うなと感じた。そこで55mmに付け替えて撮ってみた。

何が違うのか。それは被写体の大きさだ。焦点距離が広角域になるにつれて、写真には遠近感が出てくる。近くの被写体は大きく、遠くの被写体は小さくなる。

35mmで撮ってみると、後ろの被写体が最前の被写体に比べて小さく写ってしまう。遠近感が生じてしまうのだ。早い話が、絵が決まらない。

レイヤーの要望は、全員を均等の大きさで撮りたいということだった、ように記憶している。今年の2月頃の撮影なのであまりよく覚えていないが、つい先日大型あわせの撮影に赴いたときも、全員を同じ大きさで写して欲しい、後ろの人が小さくならないようにして欲しいという要望が出たので、35mmではなく55mmで撮ることにした。6ヶ月前に得た教訓がすぐに引き出しから出てきて、55mmのレンズをとっさに選ぶことができた。

55mmで撮ると、遠近感は解消された。後ろの最後尾の被写体が最前と比べるとやや小さく感じられないこともないが、35mmよりも全員の大きさのバランスがとれている。85mmも使ってみようかと思ったが、F11でも全員にピントを合わせるのが至難な予感がしてやめた。

集合写真を撮るときに、ボケにくいからといって安易に35mmを選ぶと絵作りの面でうまくいかないことがある。集合写真の焦点距離の基軸は50mmと据えて、その場で求められている絵に応じて、焦点距離を変えていってるとうまくいくだろう。