etoile studio

Zeiss Otus1.4/85で最高の写りを

世界最高峰の一眼レフレンズを謳うOtusでの作例を当ブログでも何度か紹介してきた。その言葉の意味するところは、開放での様々な収差を徹底的に排除した描写力にある。開放からシャープな写りで中判カメラを彷彿とさせるレンズと言わ […]

play_circle_filled続きを読む

品質の高いクロスフィルターを使って、綺麗な十字の光を演出しよう

以前所有していたクロスフィルターでコスプレ写真を撮ると、見事にストロボ光が十字に光った。あぁコレは面白い面白いと喜んでいたが、どうも十字の形がいびつというかデコボコで、気に入らなかったのだ。 クロスフィルターを使ってスト […]

play_circle_filled続きを読む

別の日に別のレンズで撮影した写真。光源がキラキラしている。

疑似望遠効果のメリットとは何か

カメラ雑誌などでAPS-C機が取り上げられる時、長所の1つとして疑似望遠効果が度々上げられる。疑似望遠効果とは、同じ焦点距離のレンズでフルサイズ機で撮影した場合に比べて、センサーサイズが小さいことが原因で撮影範囲が切り取 […]

play_circle_filled続きを読む

ストロボ or 自然光?

スタジオ撮影ではストロボを使った撮影が必須である。そうでもしないと暗い密閉空間のスタジオで天井にある蛍光灯だけを使って、綺麗に人物を撮るのは至難の業だ。 しかしいざストロボで撮るとなった場合、被写体と背景との明るさのバラ […]

play_circle_filled続きを読む