etoile studio

誰でもすぐ出来る!カッコいい写真が撮れるポージングの為のたった一つのコツ!

コスプレ撮影の楽しみの一つは、自分の好きなキャラクターのイラストを再現するという行為だ。イラストを再現することで、コスプレのなりきり度もアップして幸せになれる。 さて実際に2次元のイラストを3次元で再現しようとすると、現 […]

play_circle_filled続きを読む

ストロボをオフにしてその場所の明るさを確かめる – ISO感度を上げて撮る時 #9

カメラマンにも得手不得手がある。白っぽい感じの写真は得意だけれど暗い感じの写真は苦手という人もいれば、その逆も又しかりで白っぽい写真は苦手だけれど、ストロボをパーンと当てた暗いイメージの写真を撮るのは得意という人もいる。 […]

play_circle_filled続きを読む

構図とレトリック

集合写真をたくさん撮るようになってきたこともあって、最近自分の写真に空想の中で線を引くことがある。構図を確認するためだ。 よく2分割構図とか3分割構図とか三角構図とか放射線構図とかS字構図とか黄金比率とか言われているが、 […]

play_circle_filled続きを読む

多灯ストロボでストロボが光らなくなった時の対処法

多灯ストロボを用いて撮影していると、たまにストロボが光らなくなることがある。原因は電池切れ。多灯ストロボでストロボを光らせている場合、どれか1つのストロボの電池が切れると、他のストロボも光らなくなってしまう。 どのストロ […]

play_circle_filled続きを読む

クリップオンストロボの光を手軽に明るくする2つの方法

カメラのホットシューの上に取り付けることが出来るクリップオンストロボは、モノブロックストロボと比べて、光量が弱いとされる。カメラの設定を暗くして被写体のみをストロボ光で明るく照らして撮る場合などは、光量が足りずに被写体が […]

play_circle_filled続きを読む

狭い場所でのピンショット撮影なら細長いソフトボックスがお薦め!

スタジオの狭いブースでソフトボックスを使って撮る時に、どうしてもソフトボックスが写り込んでしまう場合がある。コスプレアミューズメント施設なら、隣にいる組と狭い撮影空間を共有することも度々なので、ソフトボックスやアンブレラ […]

play_circle_filled続きを読む

ストロボ撮影で遊ぼう

ストロボを使いこなせてくると、様々な表現が可能となる。特にコスプレ撮影の分野においては、ストロボ撮影は必須の感がある。むしろ持っていない人の方が少ないのではないだろうか。コスプレイベントやスタジオでストロボを持ってきてい […]

play_circle_filled続きを読む