etoile studio

集合写真はF11まで絞るとキャラクターが際立つ!

集合写真を撮る時に、どこまで絞れば良いのかは悩むところだ。F10やF11がやはりセオリーなのだろうか。小絞りボケが発生せずに絞れる最大値だ。 横並びならF5.6?それともF7.1?多少前後してるくらいならF8くらいかな? […]

続きを読む ⏵

暗い背景を振り切れる程に明るく撮る – ISO感度を上げて撮る時 #10

以前当ブログで掲載した、シリーズ・ISO感度を上げて撮る時の記事で、ストロボを使わずにISO感度だけを上げて撮ったスペースがある。あの時はその写真で満足していたが、今回再び同じ場所で撮ることになった。 環境光を活かして撮 […]

続きを読む ⏵

ポートレート撮影でF10まで絞る意味 -圧倒的な解像感を得る為の撮影法

F値を絞るのは何も集合写真の時だけとは限らない。全員にピントを合わせたいとき以外にも、F値を絞って撮ることがある。 ポートレート写真でF値を10まで上げるというと、意外と思われるかも知れない。一般的にポートレートと聞いて […]

続きを読む ⏵

Canon EF24-70mm F2.8L II USM。これ1本のお値段で4Kテレビが買える。

スタジオ撮影ではズームレンズが必須なワケ

スタジオ撮影に行く際には、24-70mmのズームレンズを携帯していくことをお薦めする。特に初めて行くスタジオでは。ここではフルサイズ機での焦点距離を基準に話を進めていく。APS-C機をお持ちの方は、お持ちのレンズの焦点距 […]

続きを読む ⏵

生石高原 – まほろば探訪 第12回

秋といえばスポーツだったり読書だったりと様々な言葉が掛けられるが、その一つにお月見がある。一五夜のお月様を愛でながら月見団子を食べるのが日本人の習慣だ。 和歌山県にある生石高原は、秋のこの時期、ススキがとても綺麗だ。標高 […]

続きを読む ⏵

あなたはどちら派?丸形と四角形アイキャッチの違い

アイキャッチが入るだけで、モデルの顔が活き活きとしてくる。アイキャッチを入れる方法はたくさんあるが、今回はアイキャッチの形についてフィーチャリングしてみよう。 丸レフ板のアイキャッチ 丸レフを使えば、アイキャッチは丸い形 […]

続きを読む ⏵

迷ったらPモードで撮ろう -初心者でも綺麗な写真が撮れるカメラ設定術-

どのメーカーのカメラにも、写真の明るさ(露出)を最適に撮ってくれるモードが用意されている。キヤノンのカメラではプログラム・オート・エクスポージャー(プログラムAE)という名称となっている。プログラムオートとも呼ばれる。ち […]

続きを読む ⏵

初めて逆光で撮ることを知った日 -女性を最高に美しく縁取る光-

コスプレ撮影を始める前は、ポートレート的な写真を撮るのは年に数回、コスプレイヤーの雨情華月さんの撮影会に参加する時くらいだった。それまでは地下アイドルライブに誘われてライブをよく撮っていた。しかしライブ撮影はポートレート […]

続きを読む ⏵

スタジオサンライト – スタジオ探訪 第8回

JR神戸線摂津本山駅を沿線沿いに東へ徒歩7分の閑静な住宅街に、スタジオサンライトはある。中に入るとファンシーな、女の子の夢の中に迷い込んだかのような内装のスタジオがお出迎え。 オーナーの藤原さんは、自身もカメラを握り撮影 […]

続きを読む ⏵

人通りの多い場所での夜撮影でも綺麗なポートレートが撮れるディヒューザー!

今年もハロウィンの季節が近づいてきた。去年はUSJに赴いて、普段よく撮影している女の子の創作ゾンビを撮影してきた。今年もまたハロウィン撮影の予定が何件か入っているので、その為だけにUSJの念パスを更新した。 USJの年パ […]

続きを読む ⏵

12 / 42« 先頭...1011121314...203040...最後 »