etoile studio

コスプレ写真の場合、スタジオ撮影では自然光よりもストロボ光が好まれる理由

窓からの自然光を生かして撮ることもできる。

窓からの自然光を生かして撮ることもできる。

せっかく自然光の入るゴシック調の素敵なスタジオだし、ストロボなしで自然光で撮りたいと思う時もある。しかしコスプレ写真の場合は、ストロボで肌を飛ばした写真の方が好まれる傾向にある。ストロボでの撮影を前提として、コスプレ用の厚めのメイクを施している。メイクがしっかりしていると、ソフトボックスやアンブレラなどを使ってストロボ光を当てた時、肌がとても綺麗に写る。

大阪のスタジオルシエルにある白いスペース。

大阪のスタジオルシエルにある白いスペース。

自然光が入る。果たして上手く撮れるだろうか。次回挑戦。

自然光が入る。果たして上手く撮れるだろうか。次回挑戦。

試しに自然光のみで撮ってみて、写真を見せたが、やはりストロボを使って欲しいということだった。雰囲気は映画のようでとても良いのだが、自分たちのイメージしている絵作りとは違うという。確かに影は出るし、肌が白くならない。あれやこれやが飛ばない。というわけでストロボでの撮影を再開した。

では一方で、野外でのストロボ撮影はどうか。ストロボを使えば綺麗に撮れるし、モデルと背景の両方をハッキリと撮れる日中シンクロもできる。もちろん綺麗に撮るならソフトボックスやアンブレラ前提での話だ。

しかし野外なら自然光にこだわりたい。自然光にこだわるとなると逆光での撮影が基本となる。綺麗に撮りたいなら逆光以外はあり得ないと言っても過言ではない。順光は顔がカッチカチに撮れる。モデルも顔をまぶしそうに顰める。顔に強い影が落ちる。女性を柔らかく撮ろうと思ったら、いいことがないも無い。

しかしそんな素敵な自然光も、スタジオでのコスプレ撮影となると、無用の長物扱いされてしまう。まぁ自然光しか入らないところで撮ると、どうしても撮る場所や構図が限られてしまうという面もあるのだけれど。ストロボで綺麗に撮る。キャラにもよるが、これがスタジオでのコスプレ撮影の主流なのだろう。