etoile studio

ボタンカスタマイズ機能を使って撮影スタイルを自在自在に!

撮りづらいと感じたときは、シャッターボタン半押しの機能を変更してみよう。

以前ブログで親指AFについて紹介した。写真を撮る際には親指でAFを押す撮影方法に変えることで、写真撮影の効率が上がるという内容だ。

プロカメラマンもやっている親指AFで写真のクオリティが飛躍的に上がる!

しかしいつも親指AFが役立つとは限らない。むしろ親指AFで撮っていると凄く不便と感じる時がある。

例えば、片手で撮る時。こないだ1DXを右手、ストロボを左手に構えて撮影していたが、親指AFでは撮りづらかった。片手でフラッグシップ機の重さと大きさを支えながら親指でAF-ONボタンを押すのは、中々に骨の折れる作業だった。

片手にストロボを持ちながら撮る時は、親指AFでは撮りづらいから、ボタンカスタマイズ機能で設定を変えてみよう。

そこでボタンカスタマイズ機能から、シャッターボタン半押しでAFが開始されるように、つまりデフォルトの設定に戻してみた。片手でカメラを持っている時は、親指AFよりも従来のシャッターボタン半押しでAFを合わせるやり方の方が楽だ。

1.カメラのメニュー一覧から、「操作ボタン カスタマイズ」を選んで実行。

メニュー一覧から、「操作ボタン カスタマイズ」を選んで実行。

2.「シャッターボタン半押し」アイコンを選んで実行。

「シャッターボタン半押し」アイコンを設定する。

3.「測光開始」のみになっているので、左の「測光・AF開始」に変える。

親指AFが出来るようにカスタマイズしていたので、「測光開始」のみになっている。

「測光・AF開始」を選択して、デフォルト設定の、シャッターボタン半押しで、測光・AF開始に戻す。

4.設定が終わったら、アイコンが「測光・AF開始」に変更されていることを確認。

アイコンが「測光・AF開始」に変更していることを確認する。

ただし構図を変える時に、親指AFで撮っている時のクセでフォーカスロックが解除状態で構図を変えてシャッター全押ししてしまったので、ピント合わせの行程を何度かすっ飛ばしてしまうこともあった。幸いF7.1以上に絞って撮っていたのでピンボケはしていなかったが。

撮影時にすぐにカスタマイズが出てくるように、マイメニューに登録しておくと良いだろう。