etoile studio

岡山農業公園ドイツの森 – まほろば探訪 第3回

何気ない風景ですら異国情緒を感じさせるドイツの森。

何気ない風景ですら異国情緒を感じさせるドイツの森。

ここは日本だろうか、それとも蛇行する山道を突き抜けていく内に、遠く離れた異国の地ドイツに迷い込んだのだろうか。

訪れたのは2008年の初夏、今から8年も前だ。この頃使っていたカメラはキヤノンの初代5D、EF24-70mmF2.8L USMのズームレンズを取り付けて使っていた。

旬の時期は過ぎてしまっていたが、咲き誇っていれば綺麗な景色だったことだろう。

旬の時期は過ぎてしまっていたが、咲き誇っていれば綺麗な景色だったことだろう。

岡山県中部の丘の上に広がる農業公園クローネンベルク、ドイツの森は、日本に居ながらにしてドイツの田舎の景色を疑似体験できるステキな施設である。ソーセージ作りが出来たり美味しい地ビールが飲めたりする。ワイン畑も広がっており、美味しいワインも販売されている。

丘に広がるワイン畑。

丘に広がるワイン畑。

美味しそうなワインも販売している。

美味しそうなワインも販売している。

美味しそうなワインの詰まっている樽。

美味しそうなワインの詰まっている樽。

動物とのふれあいコーナーもあり、季節の折々には家族連れが喜びそうなイベントが開催されている。

それらのアトラクションを訪れなくとも、ただ歩いているだけで、ドイツの空気を吸う事が出来る。もちろんここは日本なのだが、家々や壁、彫像や草木などが、ドイツの田舎町にいるかのように錯覚させる。さながらヘルマン・ヘッセの小説の世界に迷い込んだかのようだ。

ドイツ風の家。

ドイツ風の家。

壁一つとっても味わいがある。

壁一つとっても味わいがある。

ドイツ風家屋の窓。ドイツに旅行に来たかのよう。

ドイツ風家屋の窓。ドイツに旅行に来たかのよう。

チューリップ畑や菜の花畑、ひまわり、薔薇の花々など、季節の折々に併せて様々な花が咲き誇る公園でもある。

眼前に広がるひまわり畑。

眼前に広がるひまわり畑。

外に出ると、日本に連れ戻される。雨上がりの霧が立ちこめていて、風情があった。

ドイツ風ひまわり畑の向こうに広がるのは日本の原風景。

ドイツ風ひまわり畑の向こうに広がるのは日本の原風景。

岡山農業公園ドイツの森 クローネンベルク