etoile studio

桜紀行2018 第2回 〜鶴見緑地公園・和歌山・大阪城・関ヶ原・垂井町・彦根城〜

桜紀行2018第2回をお届け。関西にとどまらず中部地方へも旅した。

3日目 鶴見緑地公園

鶴見緑地公園に咲き誇る桜。満開だった。

鶴見緑地公園に咲き誇る桜。満開だった。

様々な季節の花が咲き誇り、近年はコスプレ撮影の聖地としても知られている鶴見緑地公園は、野鳥の宝庫でもある。12時からコスプレ撮影の予定だったので、それまでの間に野鳥を撮影していった。

紅桜をついばむ野鳥。

紅桜をついばむ野鳥。

鳥と桜。浮世絵のような光景。

鳥と桜。浮世絵のような光景。

しかし改めてぐるっと巡ってみると、鶴見緑地公園は桜の名所でもあると気づかされた。咲き誇ることこの上ない。5年ほど通っていたが、いつも丘の上の方の桜しか撮りに行かないので、西側の大きな湖の縁に咲く桜の圧倒感はなかなかのものだった。

いつも帰り際に通りかかる桜に彩られた湖でも撮影。いつもと違う写真が撮れた。

鶴見緑地公園の池。白い鳥がたくさん佇んでいる。桜も見事。

鶴見緑地公園の池。白い鳥がたくさん佇んでいる。桜も見事。

4日目 紀三井寺と和歌山城

紀三井寺。朱い塔と桜のコラボが美しい。

紀三井寺。朱い塔と桜のコラボが美しい。

4日目は和歌山方面に出かけた。ここでは青春18切符を使う。紀三井寺方面まで来ると都市の騒がしさというものがなく静けさそのもので、空の広い田舎風情がホッとさせる。紀三井寺は満開だった。

満開で観光客も大勢。天気も最高だった。

満開で観光客も大勢。天気も最高だった。

紀三井寺の満開の桜に圧倒される。

紀三井寺の満開の桜に圧倒される。

紀三井寺へと続く商店街も田舎の風情があって良い。

紀三井寺へと続く商店街も田舎の風情があって良い。

きびすを返して和歌山市へ。駅から30分ほど歩くと和歌山城がある。こちらは賑やかしい。ここも中国人や韓国人を中心とした外国人観光客が多いという印象。天守閣からの見晴らしもなかなかのもので、和歌山市街や工業地帯、紀伊水道などが見渡せた。

御三家の一角、紀伊徳川家の居城、和歌山城。

御三家の一角、紀伊徳川家の居城、和歌山城。

和歌山城天守閣から見渡せる和歌山市街と紀伊水道。

和歌山城天守閣から見渡せる和歌山市街と紀伊水道。

桜満開の和歌山城。

桜満開の和歌山城。

ブルーアワーの時間帯の和歌山城。

ブルーアワーの時間帯の和歌山城。

夜にライトアップされた和歌山城を写真に収めてから、帰りに山中渓で途中下車。屋台などはすでになかったが、桜はライトアップされていて、ちらほらと花見客もいたがどこか寂しげな夜の8時。

山中渓の夜桜。月が出ていた。走っているのはJR線。

山中渓の夜桜。月が出ていた。走っているのはJR線。

山中渓の夜桜。山深い場所のためか人通りは少なかった。

山中渓の夜桜。山深い場所のためか人通りは少なかった。

静けさの中にライトアップされた山中渓の桜。

静けさの中にライトアップされた山中渓の桜。

お祭りのさなかなのか、「山」「中」の文字の提灯が灯っていた。

お祭りのさなかなのか、「山」「中」の文字の提灯が灯っていた。

5日目 大阪城・夙川

大阪城と桜。

大阪城と桜。

森ノ宮方面を抜けて大阪城へ。大阪城ホールや市民の森方面へは足を運んだことがあったが、大阪城そのものには足を踏み入れたことはなかった。東の方は大阪ビジネスパークで様々な企業のビルが建ち並んでいるが、西の方は大阪府庁や大阪府警、NHK大阪放送局などの公的な建物が並んでいる。

関西人だが、大阪城を間近で見たのは初めて。天守閣には混雑を避けて入らなかった。

関西人だが、大阪城を間近で見たのは初めて。天守閣には混雑を避けて入らなかった。

大阪城天守閣と飛行機。伊丹空港へと向かう飛行機の航路が近い。

大阪城天守閣と飛行機。伊丹空港へと向かう飛行機の航路が近い。

満開で観光客も多かった。やはり中国人や韓国人などの外国人観光客が多い。

夜桜と大阪城ライトアップ。西の丸庭園から撮影。

夜桜と大阪城ライトアップ。西の丸庭園から撮影。

ライトアップされた大阪城を西の丸公園から撮影した帰りに、夙川で途中下車して夙川の夜の桜も撮影した。

夙川と夜桜と松。芦屋と西宮らしい風景。

夙川と夜桜と松。芦屋と西宮らしい風景。

夙川の夜桜は妖しげな雰囲気がある。

夙川の夜桜は妖しげな雰囲気がある。

夙川の桜と花筏。

夙川の桜と花筏。

6日目 関ヶ原 垂井町 彦根城

関ヶ原古戦場。笹尾山麓の石田三成の陣跡。

関ヶ原古戦場。笹尾山麓の石田三成の陣跡。

青春18切符を使って岐阜方面へ出る。まずは関ヶ原。本来なら関ヶ原の戦いが行われた10月に来るべき場所だが、一度訪れてみたかったので途中下車した。観光客も数えるほどで、天気は曇りときどき晴れ。とりあえず関ヶ原を当時の足軽の気分で駆け巡った。

1時間ぐらいで帰ろうかと思ったが、大谷吉継の陣跡なども見たかったので、関ヶ原古戦場の西側ぐるりと半周することになり、4時間ほど滞在。

山中村の大谷吉継の陣地跡。お墓があった。

山中村の大谷吉継の陣地跡。お墓があった。

大谷吉継陣地跡から少し行ったところに、小早川秀秋が陣を敷いた松尾山を眺望できる場所がある。

大谷吉継陣地跡から少し行ったところに、小早川秀秋が陣を敷いた松尾山を眺望できる場所がある。

途中野生の猿の群れにも遭遇した。

こちらの様子をおびえながら伺う猿。

こちらの様子をおびえながら伺う猿。

山中に隠れている猿。ダムの橋を挟んで両側に5匹ほどいた。

山中に隠れている猿。ダムの橋を挟んで両側に5匹ほどいた。

次の目的地である隣の駅の垂井町で、雪山を遠景に流れる川にかかる鯉のぼりを撮る。思っていたより山頂の雪が溶けていた。桜はこちらの方が多かった。垂井町は羽柴秀吉の名軍師、竹中半兵衛重治の生誕の地でもあり、駅前には銅像が建っていた。

垂井町の鯉のぼり。

垂井町の鯉のぼり。

中古の鯉のぼりを再生して使っているとか。

中古の鯉のぼりを再生して使っているとか。

鯉のぼりと桜のコラボレーション。この日は満開だった。

鯉のぼりと桜のコラボレーション。この日は満開だった。

夕暮れ時の垂井町と鯉のぼり。

夕暮れ時の垂井町と鯉のぼり。

帰りは彦根で途中下車。夜の彦根城へ。外堀の桜のみ撮影。有名な桜のリフレクション。少し歩いたが、咲き誇っていた。しかし人が多すぎて疲れる。

有名な彦根城外堀の桜のリフレクション。来年は昼に訪れようと思う。

有名な彦根城外堀の桜のリフレクション。来年は昼に訪れようと思う。

彦根城桜のリフレクション立てバージョン2018

彦根城桜のリフレクション立てバージョン2018

ひょっこりひょうたん島に見えないこともない彦根城外堀の桜のリフレクション。

ひょっこりひょうたん島に見えないこともない彦根城外堀の桜のリフレクション。

彦根城外堀左側の桜のリフレクション。

彦根城外堀左側の桜のリフレクション。

第3回に続く。