etoile studio

黒ホリゾントでストロボを使って神々しい写真を撮る方法!〜リムライトの作り方〜

後ろからのストロボ光を目立たせるには?

後ろからのストロボ光を目立たせるには?

黒ホリゾントで壁にストロボで色をつけて撮影していたのだが、そろそろ別の絵が欲しいなということになり、せっかくの黒ホリだから背景を黒で撮影してみることにした。

しかしただ黒だけだと寂しくもあるし、髪や衣装の色が黒だったので、背景の黒と溶け込んでしまう。そこで壁に向けていたストロボを、被写体側に向けて発光させることにした。カラーフィルターは取り外す。

問題はどの位置にストロボを置くべきか。光が強い方がいいから、被写体からなるべく近い位置にスロトボを置いた方がいいかなと背中の近くに置いてみたが、光が広がらないために前のレイヤーさんにまで光が届かなかった。

後ろからのストロボ光があまり目立たない。

後ろからのストロボ光があまり目立たない。

そこでストロボをモデルから極力離して撮影することにした。前の子の頭にもちゃんと光が届くようになった。

先ほどの写真よりも印象的になった。

先ほどの写真よりも印象的になった。

照射角を広角に合わせるという手もあるが、F10という設定で、ストロボの光量が1/2という極力明るい設定であっても暗めになりがちなので、照射角を200mmに設定してみた。しかしそれでも光量不足は否めない。

黒の衣装の方はあまり光が帯びなかったが、髪の方には光が帯びていい感じの写真に仕上がった。しかし55mmの焦点距離でこの構図が必要な距離で撮ると、後ろの子の解像感がやや足りないことに気づいた。等倍で確認した場合だから、ウェブにあげたり印刷したりすればそんなに気にはならないだろうが。F5.6で撮影した場合は後ろの子が完全にぼけてしまっている。ズームレンズで35mmの焦点距離で撮った方が二人の被写体へのピント合わせが楽だっただろうか。