etoile studio

24mmの広角レンズで縦構図の集合写真に挑戦!

24mmの広角レンズでも歪まない集合写真は可能だ。

24mmの広角レンズでも歪まない集合写真は可能だ。

これまでにも焦点距離24mmのレンズで人物撮影を撮る方法について何度か記事にしてきた。このレンズは広角表現が可能で、それ故に人物をこのレンズを使って撮る時は難易度が高くなることもこれまでに述べてきたとおり。

そのハードルを上手くかいくぐって人物撮影でこのレンズを使い切る方法はないものかと模索してきたが、今回も撮影で会得できた一例を示すことにしよう。

先日撮影した大型併せ。スタジオは撮る位置によっては距離がやや取りづらく、50mmの標準レンズでもギリギリだった。そこで敢えて24mmの単焦点を使ってみようということで、チャレンジしてみたのだが、なるほど、中央に人物を固めれば、歪みが強いといわれていて集合写真を撮るには不向きと思われていた広角レンズでも、見事に集合写真を収めることが出来た。

なるべく中央に人物を寄せる構図にすることで、広角の歪みから逃すことができる。

なるべく中央に人物を寄せる構図にすることで、広角の歪みから逃すことができる。

ちなみにこちらは横構図。やはり基本としては、人物の顔がなるべく中央に寄るように構図を決めることだ。

横構図で撮ることも忘れない。周辺背景にパースを効かせつつ、人物自体は歪まない集合写真もまたインパクトがある。

横構図で撮ることも忘れない。周辺背景にパースを効かせつつ、人物自体は歪まない集合写真もまたインパクトがある。

お次はツーショットを広角レンズで撮影。人数が少ない分、歪みを押さえる構図も取りやすいが、上から撮る時は極端に顔がデフォルメされないように撮るのが大事。

ツーショットでも広角で撮影してみた。

ツーショットでも広角で撮影してみた。

距離が取りづらいスタジオでも、敢えて歪みが大きい広角レンズを使うことで集合写真を撮る方法もある。広角レンズの歪みを恐れずに創意工夫でやってみると良いだろう。