etoile studio

Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USMの類い希な開放性能!

Canon EF85mmF1.2L Ⅱ USMの暈け方は他に類を見ない。

Canon EF85mmF1.2L Ⅱ USMの暈け方は他に類を見ない。

たびたび当ブログでも取り上げているCanon EF85mmF1.2L Ⅱ USM。F1.2が示す通り、他のレンズには見られないダイナミックで物凄い暈け方をする。

被写体と写真家の距離が変わる度に、様々な顔を見せてくれるレンズだ。開放で撮ればどの距離で撮っても、他のレンズが写し取るのとは全く違う世界を見せてくれる。おそらく夢を紡ぐレンズなのだろう。

普段はOtus1.4/85で撮影しているが、こちらのレンズも最近持ち出したい欲に駆られる。やはりF1.2というのは、F1.4とは全く違う暈け方をするし、いつもと違った写真を撮りたい時には、F1.2という被写界深度が見たことのない世界を開拓してくれるのだ。

だから撮り合いの時は、OtsuとCanon、2本の85mmを持参していく。この2本だけでレンズだけで約2kgだ。しかし重量級のレンズを持っていくだけの価値がある。

F1.2で撮ると確かに収差が出るので撮る場所を選ぶが、DPPのデジタルレンズオプティマイザを使えば、収差はある程度是正される。そして開放で撮った時のフンワリとした雰囲気、シャープではない、暈かしがかかったような瞳の描写は、ポートレート写真には打ってつけだ。

小さな花を前暈けで撮影してみた。後ろの階段の手すりも見事に暈けていてそうは見えない。これだけで異なる世界に踏み込んだかのようだ。F1.4ではこの絵は撮れない。

F1.2の開放で撮影。前暈けが美しい。他のレンズでは難しい表現がCanon EF85mm F1.2L II USMでは可能だ。

F1.2の開放で撮影。前暈けが美しい。他のレンズでは難しい表現がCanon EF85mm F1.2L II USMでは可能だ。

ちなみに同じ85mmのOtusだと、このような表現になる。コントラストはキヤノンのレンズよりも強く開放から美しい描写だが、F値1.4ではやはりF1.2と同じ表現は難しい。

Otus1.5/85で撮影。コントラストが強く開放からシャープで美しい描写だが、暈け方はCanonのF1.2と比べると弱い。

Otus1.5/85で撮影。コントラストが強く開放からシャープで美しい描写だが、暈け方はCanonのF1.2と比べると弱い。

撮る度に新しい魅力に気づかされるレンズ、それがCanon EF85mmF1.2L Ⅱ USMだ。