etoile studio

生石高原に持って行きたいレンズ

生石高原のススキを印象的に撮る為のレンズは?

生石高原のススキを印象的に撮る為のレンズは?

生石高原に行くには車か、バス・タクシーを乗り継ぐ必要がある。タクシーは片道3000円。決して安くはないが、登山するよりかは遙かに楽だ。

遠方の絶景地はそうたびたび訪れられない場所なので、レンズ選びを厳選したい所だ。先日生石高原に行ってきたので、その際の撮影体験を元に、持って行くべきレンズを紹介していきたいと思う。

超広角ズームレンズは必須!

16mmの焦点距離で、下からのアオリで撮ってみた。

16mmの焦点距離で、下からのアオリで撮ってみた。

焦点距離16-35mmの超広角レンズは必須だ。やはり風景写真で広角レンズは王道の装備と言えるだろう。ワイド端側の16mmで撮っても入りきらない。11mmの焦点距離のレンズがあればなお良いだろう。

85mmの中望遠や200mmの望遠レンズでススキをクローズアップ!

85mmのレンズでF5.6迄絞って撮影。よく暈ける。

85mmのレンズでF5.6迄絞って撮影。よく暈ける。

中望遠レンズや望遠レンズを使って、ススキをクローズアップするのも良い。背景の緑に萌える山をぐっと引き寄せる圧縮効果も映える。

200mmの望遠レンズで撮影。余り絞らずに撮った。

200mmの望遠レンズで撮影。余り絞らずに撮った。

魚眼レンズで一風変わった写真も!

円周魚眼で撮ると、いつもとは違った写真が撮れる。

円周魚眼で撮ると、いつもとは違った写真が撮れる。

魚眼レンズを持って行けば、弧を描いたススキの写真を撮ることも出来る。チョット変わった写真が撮りたいなら、魚眼レンズの選択もアリだろう。

車でススキの山の頂上まで行けるので、カメラやレンズの重さは余り気にしなくても良い。山の頂上から目的地までは、ちょっとしたハイキング気分で歩ける勾配だ。カメラ用のリュックサックに機材を詰め込んでいけば、重さも苦にならないだろう。もちろん山を舐めてはいけないので、荷物は極力軽いに越したことはない。