etoile studio

映画のワンシーンのように撮れるCanon EF200mm F2.8L Ⅱ USM

圧縮効果と明るいF値で、キラキラの背景を引き寄せる。Canon EF200mm F2.8L II USMの望遠レンズが成せる技だ。

圧縮効果と明るいF値で、キラキラの背景を引き寄せる。Canon EF200mm F2.8L II USMの望遠レンズが成せる技だ。

Canon EF200mm F2.8L Ⅱ USMは開放から解像力に秀でている。モデルにピントが合い、手ブレしていなければ、クッキリと解像してくれる。しかも背景は綺麗に暈けてくれる。圧縮効果の効いた写真を撮るのに相性が良く、魅力的な写真を撮ることも出来る。前暈けも綺麗だ。

雨撮影の時にも威力を発揮する。200mmなので建物の軒先で雨を避けながらモデルを捉えることも出来るし、雨粒を綺麗に捉えることが出来る。85mmも使いたいところだが、85mmの焦点距離よりも、200mmの焦点距離の方が、雨粒を寄り力強く印象づける描写が可能だ。

撮影者は東屋で雨を避けながら撮ることも出来る。

撮影者は東屋で雨を避けながら撮れる。

200mmの望遠レンズは、雨粒を大きく写せるのも魅力だ。

200mmの望遠レンズは、雨粒を大きく写せるのも魅力だ。

被写体をぐっと引き寄せる効果は、映画のワンシーンのようでもある。

被写体をぐっと引き寄せる効果は、映画のワンシーンのようでもある。

人物を小さめにとって、後でトリミングすれば、背景がキラキラ暈けた写真を得ることも出来る。

実売価格は10万を切っている。高級を意味するLレンズとしては破格の値段だ。同じ開放F値ではこの上に300mm、所謂サンニッパが控えているが、こちらは60万円以上するので、なかなか手が出せない。気軽に明るい望遠レンズを手に入れようと思えば、Canon EF200mm F2.8L Ⅱ USMの選択は最良となるだろう。