etoile studio

ドコモのカケホーダイとカケホーダイライト、どっちのコースがお得?

ドコモの新料金コース。Dストアが好調で収益スタイルが変わりつつある。

XperiaからiPhoneに乗り換えることになり、ドコモショップで契約してきた。2年以上経つと、ドコモのサービスも様変わりしていた。

Xperiaの時はパケット量月々3GBまでのコースを使っていた。電話は無料通話分なし。元々そんなに電話は使わないので、このコースで充分だった。

ドコモの新料金コースは、全国国内通話料無料のカケホーダイと、5分間無料のカケホーダイライトに別れた。

このどちらかを選ぶかで、パケット量のパックで選べるコースが異なってくる。カケホーダイを選んだ場合は、一番少ないデータSパック(月2GBまで)を選べるが、カケホーダイライトの場合は、データMパック(月5GBまで)以上を選ばなければならない。

2GBコースは3,500円、5GBコースは5,000円だ。その差は1,500円だが、月々の固定費と考えると大きくのしかかってくる。月々の固定費となるケータイ代は節約できるものなら節約した方が良い。

家にインターネットを引いていれば、Wi-Fiルータ購入でパケット量を抑えられる

果たして月5GBものパケット量は必要だろうか。パソコンを所有していなくて家にネット回線を引いていない、スマホのみでネットをするというユーザーなら、5GBでも足りないかも知れない。

家に光なりADSLなりのネット回線を引いていれば、Wi-Fiルーターを購入して設置することで、家の中にいれば、どのデバイスでも追加料金なしでインターネットを楽しむことが出来る。

僕自身は家で仕事をしていて外に出ることはあまりないので、先月のデータ通信利用量は1GBにも満たなかった。

12月のパケット量。全然使ってない。

家でスマホをいじっている時はWi-Fiでネットに繋いでいるので、パケット量を食わないし、外にいるときも大抵は忙しいので、余りスマホをいじらない。電車の中や待ち時間にネットサーフィンをしたり電子書籍を読んだりしている程度だ。スマホゲームはプレイしないせいもあるかもしれない。

今まで3GBのパケット量で充分だったユーザーは、2GBのデータSパックでも事足りる理由

新料金コースのデータSパックは2GBが上限となるが、2GBを越えた場合は自動的に3GBまで使用できるようになる。ただし追加料金は1,000円かかる。

そう考えると、今まで3GBのパケットパックを使っていたユーザーは、2GBコースを選んで、パケホーダイに変えた方がお得と言える。

たとえ今まで電話をそんなに使わなかったとしても、これから先電話をたくさんかけることにもなるかも知れないし、いくら掛けても国内通話無料なら(一部有料ダイヤルをのぞく)、これを機に生活スタイルも変えられるかも知れない。

パケット量を多くした所で、今までの生活と変わらない。なら通話が無料になるパケホーダイを選んだ方が楽しそうだ。