etoile studio

電子書籍生活がより快適に!Apple iPad Pro 12.9inch レビュー!

迷いあぐねた挙句、結局自分への誕生日プレゼントとして買ってしまったiPad Pro 12.9inch

迷いあぐねた挙句、結局自分への誕生日プレゼントとして買ってしまったiPad Pro 12.9inch

12.9inchのiPad Proを買った。去年からiPhoneを使い出して、その洗練されたコンセプトに惚れ込み、タブレット欲も沸いてきた。いつものことだ。

今まで使用していたタブレットはソニーのXperia Z2。購入して3年くらいになる。価格は6万円ちょっとだった。真っ白で良い製品だ。主に漫画や雑誌などの電子書籍を楽しんでいた。最近は動画も見だすようになり、テキストと一緒に動画が流れるサービスも利用していたのだが、テキスト部分をスライドするとテキストがフリーズするのが厄介だった。

大きな画面のタブレットが欲しいということもあり、迷いに迷ったあげく、Apple公式サイトで購入。256GBバージョンで、価格は10万5,000円。Z2よりも4万円ほどお高かった。今回は利息ゼロの24分割払いのショッピングローンを利用。月々の支払いは4,400円なので負担は軽い。

12.9インチ。Z2よりも大きくて漫画を読んでいても迫力がある。それにページめくりもストレスなくとてもスムーズ。これだけでも買って正解だと満足したが、さてZ2ではフリーズしていた動画+テキストサービスの方はどうかというと、こちらもスムーズにテキストを流せる。フリーズすることも一切ない。ストレスから解放された。

小説などの活字を読むには少し大きすぎるし、手が疲れる。漫画や雑誌はゆったりと気を抜いて絵を見る感覚だが、小説は集中して活字を追う感覚なので、iPhone7 Plusの方が親和性が高い。

パソコンでPhotoshopなどを使って編集した写真を同期させて、iPadで鑑賞するのにも使っている。iCloudからWi-Fiを介して、パソコンとiPad間でデータを簡単に移行させることができる。写真も綺麗だし、二回トントンと押すと、写真が拡大される。ベッドに寝転がりながら夜景写真を楽しむのにもうってつけだ。

ただ大きい。これだけ大きいと、外に持ち運ぶときにカバンを選ぶ。リュックサック型ならスッポリ収まるだろうが、小洒落たファッション系の小ぶりなハンドバッグには入りそうにはない。

とりあえず今の用途が、漫画や雑誌などの電子書籍の閲覧と、動画や写真の閲覧。スムーズでとても快適なタブレット生活を送っている。他にもいろいろ出来るらしいのでまた今度試してみよう。

というわけでサラッとレビューを書き連ねてみた。今使っているタブレットにストレスを感じているなら、iPad Proはあなたにストレスフリーで快適な時間を提供してくれることだろう。