etoile studio

お薦めソフトボックスと、ソフトボックスストロボライティングに必要な機材一覧

Profotoのソフトボックス。価格は高めだが、シッカリとした造りで、放たれる光も美しく被写体を照らし出す。

Profotoのソフトボックス。価格は高めだが、シッカリとした造りで、放たれる光も美しく被写体を照らし出す。

いざソフトボックスを導入しようと思っても、何を買い揃えば良いのか分からないという方も多いのではないだろうか。どの大きさのソフトボックスが良いのか、ライトスタンドはどれが良いのか、どの程度の値段がリーゾナブルなのか、他に必要な機材はないのか、持ち運びはどうすれば良いのか等々・・・・・・。

ソフトボックスを使用するには、ソフトボックス本体、スピードライトを取り付ける為のスピードリングアダプタ、ライトスタンド、それらの機材を収めるショルダーバッグが必要となる。

またここでは、一般的なクリップオンストロボをソフトボックスに装着して使用することを想定として話を進める。モノブロックストロボも使えるが、値段が高い上にバッテリーが必要となる。またカメラとの設定も普段からクリップオンストロボを使っているユーザーにはわかりにくいので、なるべく手元にある機材を使って、コストを抑えることを心がける。

廉価版ソフトボックス

GODOXやNEEWERのソフトボックスは3,000円前後と、とても安くてコストパフォーマンスに優れている。ライトスタンドに取り付けたストロボをそのままソフトボックスの中に突っ込んで使用するタイプのようで、ストロボを取り付けるマウントが必要ないタイプになっている。両者ともアンブレラタイプなので、組み立てる必要がなく、その場で簡単に広げられるようだ。

評判についてはAmazonのユーザーレビューで実際に確かめてから、購入するかどうか自身で判断して頂きたい。

Profotoのソフトボックス

プロカメラマン御用達のprofotoのソフトボックスは、25,000円~35,000円と値段は張るが、それだけ造りがよく、光も綺麗。内幕をシルバーコーティングにすることで光を強め、白のシートを二重に張る構造で光を柔らかくしている。

ソフトボックスのサイズは大きければ大きい程良い効果が生まれるが、やはりスタジオでの使用を考えると、そのスタジオにあった大きさというものがある。ハコスタジアム系列なら90×60のサイズがそこそこ大きくて邪魔にならないのでちょうど良い。120×90も規約内だが、大きすぎて待機中に組み立てたままでいると邪魔になるのと、広さによっては使える場所が限られてくる。一度組み立てると解体するのも面倒なので、組み立てたまま移動したいなら90×60が最適の大きさとなる。

半独占できる広めのスタジオ系列なら120×90でも良い。ただし大きいサイズのソフトボックスは値段が高くなる。

野外のイベントは人も多いので、90×60のサイズが最適だ。

ロケの場合は場所による。人通りの少ない広い場所ならば120×90が活きてくるだろう。

豊富なサイズの中からどれか一つを選べと言われれば、90×60のソフトボックスをお薦めする。どのような場所でも最適に使用することが出来、大きさも充分。価格の面でも折り合いが付けられる。

スピードリングアダプタ

profotoのソフトボックスにスピードライトを取り付けるには、専用のスピードリングアダプタがいる。価格は23,000円前後。こちらも値が張るが、ガッシリとした造り。スピードリングアダプタにソフトボックスを取り付けることで、ソフトボックスを縦横斜めに回転させることが出来る。

このスピードリングアダプタはストロボを二つ取り付けられるようになっている。2個ストロボを装着すれば、一つだけの時よりも光量が大きくなる。昼間に背景を暗く落として撮影したり、F値を絞ってカリカリに撮りたい時などには重宝するだろう。

ライトスタンド

マンフロットのライトスタンドがお薦めだ。このライトスタンドには金具がついているので、そのままスピードライトリングに取り付けることが出来る。

ライトスタンドケース

ソフトボックス一式を撮影現場に持って行くには、それを収納するバッグが必要となる。ソフトボックス1セットなら、こちらのショルダーバッグにぎりぎり入れることが出来る。

2セット持って行くなら、こちらの三脚バッグの方が内容量が多いのでお薦め。

重いと感じる場合はキャスター付きのショルダーバッグもある。

ソフトグリッド

光の指向性を強めるアイテム。ソフトボックスの縁にマジックテープで取り付けることが出来る。ソフトボックスから放たれる光はアンブレラよりも指向性が強いが、更に指向性を強めることで、被写体のみに光を当て、周りに光が当たらないようにすることが出来る。すなわち、ストロボを光らせることで明るくなってしまう背景を、暗く落とし込むことが可能となる。

これだけ揃えると荷物が重くなる。その労苦から得られる恩恵として、今までとは違った写真表現を追求する愉しさを見いだせることだろう。