etoile studio

ハコスタジアムのチケットを譲渡する2つの方法!スムーズに入場して少しでも撮影時間を確保!

事前にチケット譲渡しておけば、当日時間を節約できてたくさん撮れる。

事前にチケット譲渡しておけば、当日時間を節約できてたくさん撮れる。

最近急に大阪大国町にあるハコスタジアム大阪での撮影機会が多くなった。大阪オタロードにあった系列スタジオの日本橋コセットが閉店し、コセットにあった内装や家具調度類がハコアム大阪の方に運び込まれて、新ブースに改装されたので、「あそこで撮りたい!」とレイヤーさんから撮影を頼まれる事が多くなったのだ。今月は月5回も予定が入っている。

撮影で行く時はごく希にレイヤーさんが入場チケット代を負担してくれる事もある。ハコアムの場合は、事前にチケットを譲渡して貰うか、当日にカウンターでチケットを譲渡して貰う方法の二通りがある。

どちらが楽かと言えば、当然事前にチケットを譲渡して貰うやり方だ。ハコアムの公式サイトを介して簡単に譲渡できるシステムになっている。

チケット購入履歴の詳細をクリックして、譲渡IDをコピーし、第三者が閲覧できない送信方法、例えばTwitterやLINE、コスプレイヤーズアーカイブのメッセージ機能、その他私用メールなどを使って、譲渡IDを譲渡する側に送信して伝える。

譲渡IDを受け取った側は、ハコアムのサイトにログインして、メニュー一覧にある「チケット譲渡」をクリックし、譲渡IDと、相手側に譲渡された人間である事が分かる名前、メッセージを入力して送信する。

譲渡した側が「チケット譲渡承諾」すれば、チケット譲渡完了となる。

くれぐれもTwitterのつぶやきを介して譲渡IDのやりとりをしないように。悪意のある第三者に譲渡IDを盗まれる恐れがある。

カメラマン側としては、レイヤーが着替え終わるのを受付で待つよりも、先に入場してカメラやライティング機材のセッティングを終えた状態で落ち合いたいので、事前譲渡だと有り難い。一緒に入場すると、機材のセッティングに10~15分ほど手間がかかるので、限られた撮影時間の中で、なるべく時間を惜しみたいところだ。