etoile studio

小絞り暈けはどこまで許容できる?

レンズのF値を上げれば上げる程、解像感は増していく。これは写真撮影の常識である。しかしこのF値も上げすぎるとレンズの解像力のピークに到達し、それ以後は解像力は下り坂となる。光の回折現象、いわゆる小絞り暈けが発生するからだ […]

続きを読む ⏵

黄色のウィッグが白飛びしないように撮る方法

黄色という色は他の色と比べて白飛びしやすい。黄色のTシャツや、黄色のウィッグ・・・。特にコスプレを撮っているアマチュアカメラマンにとって、金髪の髪のキャラと相対することは、そう希なことではない。 青空の下で撮ってみれば解 […]

続きを読む ⏵

24mmの広角レンズで縦構図の集合写真に挑戦!

これまでにも焦点距離24mmのレンズで人物撮影を撮る方法について何度か記事にしてきた。このレンズは広角表現が可能で、それ故に人物をこのレンズを使って撮る時は難易度が高くなることもこれまでに述べてきたとおり。 そのハードル […]

続きを読む ⏵

圧縮効果でキラキラの背景を引き寄せよう! – 焦点距離200mmと85mmの違い

圧縮効果とは、望遠レンズを使って背景を引き寄せることだ。パースが効かない事で、あたかもモデルのすぐ後ろに遠くの背景があるかのように見える。 効果的に圧縮効果を得るには、望遠レンズが必要となる。筆者はこの日、85mmと20 […]

続きを読む ⏵

失敗写真から脱却するために確認しておきたい12の事

コスプレ写真を撮り始めた頃の自分の写真を見ると、まだまだこの頃はカメラの描写性能や設定に関する機能に頼りっぱなしだったなぁと頭を抱えたくなることがしばしばある。今から2~4年前に撮った写真に、そういった失敗写真とまでは行 […]

続きを読む ⏵

V字型集合写真に隠された構図

集合写真の撮影は案外構図に迷うものだ。カメラマンも迷うし主宰も迷う。人数が増えれば増える程、フォーメーションが限られてくるし、構図も限られてくる。しかし構図が限られるという点においては、カメラマンの負担が一つ減るので、あ […]

続きを読む ⏵

ストロボ or 自然光?

スタジオ撮影ではストロボを使った撮影が必須である。そうでもしないと暗い密閉空間のスタジオで天井にある蛍光灯だけを使って、綺麗に人物を撮るのは至難の業だ。 しかしいざストロボで撮るとなった場合、被写体と背景との明るさのバラ […]

続きを読む ⏵

スローシャッターでぶれない夜景写真を撮る方法

花火撮影や夜景撮影などでは、長時間露光、所謂スローシャッターで撮影することになる。シャッターを開いているタイミングを自分で決めるバルブモードや、シャッタースピードを遅く設定する事で長時間露光を実現するわけだが、気をつけな […]

続きを読む ⏵

光源から放たれる放射状の形は、レンズによって異なるお話

夜景撮影の際にレンズの絞りを絞ることで、光源が放射状の形になる事は前回の記事で述べた。絞れば絞る程、放射状の線は明確な形を取って長くなる。 光源を放射状の形にしてロマンティックな写真を撮ろう 夜景写真を彩る光の放射線の形 […]

続きを読む ⏵

光源を放射状の形にしてロマンティックな写真を撮ろう

カメラを始めた頃には気づかなかったが、撮影した写真によって、夜景のイリュミネーションの光源が丸かったり、放射状になったりすることがある。 光源が放射状になるのは、クロスフィルターを使っているからではない。カメラの設定によ […]

続きを読む ⏵

4 / 10« 先頭...23456...10...最後 »