etoile studio

暗い場所ではAFが迷って合焦しづらい。

暗い場所でもAFでピントを合わせる方法

AFでピントが合わない原因は以下に挙げられる。 白一色、黒一色など、コントラストが弱い。 撮影場所が暗い。 開放F値で撮っている。 開放F値で撮っていてピントが合わない場合は、絞りを絞れば良い。問題は上の2点だろう。 A […]

続きを読む
全メンバーをクッキリと写すよりも、絞り開放で切り取って撮ることで、ライブの臨場感が出せる。

臨場感溢れるライブ写真を撮る為のテクニック!-大型集合写真編-

コスベース3で初めて撮ったのは3年ほど前で、この時はまだストロボの使い方もよく分からず、ISO感度とLEDライトの組み合わせでライブステージっぽい写真を撮っていた。 おそらくその時に撮れた写真が、コスベース3で撮影した写 […]

続きを読む
ちびっ子キャラっぽく撮る為の3つのコツ。

身長の小さいキャラクターを撮ってみよう -子供っぽく撮る為の3つのステップ-

あんスタの姫宮桃李のコスプレを撮ることになった。レイヤーさんからの要望は小さく撮って欲しいとのこと。キャラクターのプロフィールを見ると、身長152cmとある。なるほど、ちびっ子キャラクターだ。 昨今の中高生男子の平均身長 […]

続きを読む

カメラマンにドタキャンされたときに、自分たちのカメラで最高の写真を自撮りする為の最速テクニック!

以前フレンドさんが当日スタジオに移動中に、カメラマンにドタキャンされたという話を聞いた。そのキャラに興味がないというのがドタキャンの理由だそうで、その日の撮影はお流れになったという。 撮影当日にカメラマンにドタキャンされ […]

続きを読む

時には開放でふんわり撮ってみたい時もある -可愛い子をより可愛く撮る方法-

カメラを撮っている方で、ポートレートを絞って撮るか、開放で撮るか迷ったりすることはないだろうか。僕自身は始めは写真撮影のイロハも知らず、Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USMをカメラに装着して開放でばかり撮って […]

続きを読む

自然光の入らないスタジオでも、ストロボなしで耽美的な写真に撮れる!

自然光の入らない密閉型のスタジオで撮ると、憂鬱になるときがある。何故ならスタジオで綺麗な人物写真を撮るには、必ずストロボを使わなければならないからだ。 ストロボというのは実に面倒臭い機材だ。使い方を間違えれば、人物が綺麗 […]

続きを読む

絞って撮るって楽しいな♪

コスプレ写真を撮り始めた頃は開放厨だったので、何かと開放で撮っていた。まだまだ写真撮影の知識がゼロに近い状態だった頃。カメラやレンズの力に頼りすぎて、また瞬発的に浮かんだ構図に頼りすぎて撮っていたような記憶がある。 この […]

続きを読む

F2.2の魔力!ツーショットで背景を思い切り暈かしながら、ピントをガッチリと合わせ解像感豊かに被写体を撮る方法

ツーショットを撮る時に、二人にピントは合わせたいけれど、背景も思いっきり暈かしたいという欲望に駆られたとき、どのF値に設定するのが最適か。 F1.4はどのレンズメーカーの単焦点レンズでも用意されているF値だ。暈けやすい。 […]

続きを読む

ありきたりな写真から脱却するための4つの方法

隠れスポット的なロケ地で撮れば、オンリーワンの写真が撮れる。しかしそうやすやすと山奥や高原にロケに行く事は適わない。かといって近場のコスプレイベントやコスプレスタジオ、もしくはコスプレの聖地と呼ばれている某公園だと、大勢 […]

続きを読む

クロスフィルターとストロボの相乗効果で白の衣装を神々しく撮ろう!

クロスフィルターを付けてアイドルキャラのライブ撮影をしていたら、思わぬ効果を見つけた。開放F値で、ソフトボックスで光を当てて撮っていたら、白い衣装が神々しく光っていたのだ。 レンズにフィルターを付けると、通常は若干ぼやけ […]

続きを読む
1 / 1012345...10...最後 »