etoile studio

SONY 135mm F2.8 T4.5 STF

SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF – 唯一無二のスムージーな暈け方でカメラ愛好家を魅了してやまないレンズ-

今回紹介するレンズは、SONY 135mm F2.8 T4.5 STF。キヤノンユーザーなのになぜソニーのレンズを紹介するかって? そりゃもちろん他社カメラユーザーが羨むほどに美しい描写に特徴のあるレンズだからだ。 作例 […]

続きを読む
Canon EF24-70mm F2.8L II USM。これ1本のお値段で4Kテレビが買える。

キヤノンLレンズとSonyの4Kテレビ、悩ましい選択

昨日映画を観た帰りに、梅田のヨドバシカメラにふらっと立ち寄ってみた。いつの間にかゲームやアニメグッズを売っているフロアが3,4階からゴッソリ地下に移っていたりと様変わりしていたが、カメラコーナーは相変わらず2階にあった。 […]

続きを読む

超広角ズームレンズでダイナミックなポートレートを撮る!

超広角レンズを使ったポートレート撮影は難易度が高い。なぜなら歪みが激しいからだ。顔が歪む、体が歪む、背景が歪む。 しかし使い方次第ではポートレートでも有効なレンズとなるだけでなく、撮りやすいレンズともなる。 こちらの写真 […]

続きを読む

単焦点レンズを最大限に活用する為の3つの方法

先日フレンドさんとUSJに遊びに行った帰りに、友達から単焦点レンズを借りたという話を聞いた。このレンズで写真の練習をするのだという。レンズの名称は聞きそびれたが、おそらくCanonのEF50mm F1.8だろう。 その話 […]

続きを読む

生石高原に持って行きたいレンズ

生石高原に行くには車か、バス・タクシーを乗り継ぐ必要がある。タクシーは片道3000円。決して安くはないが、登山するよりかは遙かに楽だ。 遠方の絶景地はそうたびたび訪れられない場所なので、レンズ選びを厳選したい所だ。先日生 […]

続きを読む
Canon EF24-70mm F2.8L II USM。これ1本のお値段で4Kテレビが買える。

スタジオ撮影ではズームレンズが必須なワケ

スタジオ撮影に行く際には、24-70mmのズームレンズを携帯していくことをお薦めする。特に初めて行くスタジオでは。ここではフルサイズ機での焦点距離を基準に話を進めていく。APS-C機をお持ちの方は、お持ちのレンズの焦点距 […]

続きを読む

標準レンズ50mmは万能レンズ!

野外でポートレートやコスプレを撮る時は、85mmの中望遠レンズを使うことが多い。1つには85mmという焦点距離がポートレートを撮るのに最適という暗示がある。どのカメラの教本を読んでも、85mmはポートレートレンズと呼ばれ […]

続きを読む

Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USMの類い希な開放性能!

たびたび当ブログでも取り上げているCanon EF85mmF1.2L Ⅱ USM。F1.2が示す通り、他のレンズには見られないダイナミックで物凄い暈け方をする。 被写体と写真家の距離が変わる度に、様々な顔を見せてくれるレ […]

続きを読む

マニュアルフォーカスで撮る写真には味わいがある

ツァイスの一眼レフ用レンズはすべてマニュアルフォーカス仕様だ。写真はマニュアルフォーカスでじっくりと腰を据えて撮るべきというツァイスの写真哲学に基づいている。 Otusを普段使っている時は、当然マニュアルフォーカスで撮っ […]

続きを読む

仰向けに寝転がっている集合写真を撮る時に最適なレンズ

寝ころび写真を撮るのは難しい。それも人数がたくさんいれば尚更のことだ。なぜかというと、まず真上から撮るか、斜め上から撮るかという問題がある。斜め上から撮るなら50mmの単焦点レンズでも構わないだろう。しかし奥に行くに従っ […]

続きを読む
1 / 512345