etoile studio

フルサイズ機Canon 5Dmark4 VS フラッグシップ機1DX

最新フルサイズ機のCanon 5DmarkIVと型落ちのフラッグシップ機1DX、どちらを選ぶ?

最新フルサイズ機のCanon 5DmarkIVと型落ちのフラッグシップ機1DX、どちらを選ぶ?

リオデジャネイロ・オリンピックを前に、連写性能に優れたフラッグシップ機Canon 1DX Mark2が発売された。実売価格は信頼の置ける店舗で約65万円。一方で旧機種となった1DXは新品でも55万円まで値下がりしている。

信頼の置ける店舗と書いたのは、保証期間内で何か不具合が生じた際にきちんとした対応を取ってくれる店舗ということだ。やはりネームバリューの高い店が良いだろう。ここではマップカメラやビックカメラ、ジョーシンなどを上げておく。どうも相場よりも安すぎる価格提示をしているお店は、怖くて買えない。

9月8日に5Dmark4の発売が決まったが、おそらく片落ちとなるmark3は1DX系と同じように値下がりするだろう。ここで型落ち機種の値下がりを狙う消費者にとっては、二つの道に分かれることになる。1DXを買うか、5Dmark3を買うかだ。

5Dmark4は税込み実売価格42万円。mark3はおそらく25万円くらいまでは下がるものと思われる。一方でフラッグシップ機である1DXは55万円。その幅はおよそ20万円。10万程足して夢のフラッグシップ機に行くか、コストパフォーマンスを狙った節約志向で5Dmark3に行くべきか。

ここでどちらを購入するかを決める目安として、一度5Dmark4と1DXの性能比較をしてみよう。

Canon 5D Mark4 vs 1DX スペック比較表

Canon 5Dmark4と1DXの性能比較
Canon 5Dmark4 Canon 1DX
外観 Canon 5DmarkⅣ 1dx
有効画素数 約3040万画素 約1810万画素
画像エンジン DIGIC6+ DIGIC5+
ローパスフィルター
測距点 61点 61点
F8対応測距点 全域 中央1点とその上下左右4点
測光 15万画素RGB+IR測光センサー(近赤外光) 10万画素RGB測光センサー
低輝度限界
(静止画)
EV-3 EV-2
連続撮影速度 約7コマ/秒 約12コマ/秒(最高14コマ/秒)
常用ISO感度 100~32000(拡張:最小50・最大102400) 100~51200(拡張:最小50・最大204800)
記録画素数 6720×4480ピクセル 5184×3456ピクセル
モニター 3.2型TFT液晶モニター・約162万ドット 3.2型TFT液晶モニター・約104万ドット
タッチパネル ×
DPRAW撮影 ×
動画記録方式 4096×2160(4K):29.97p
1920×1080(Full HD):59.94p
1280×720(HD):119.9p
1920×1080(Full HD):30p/25p/24p
映像記録/圧縮方式 Motion JPEG
ALL-I(編集用/I-only)、IPB(標準)、IPB(軽量)
MPEG-4 AVC/H.264
フリッカーレス ×
GPS機能 ×
wi-fi機能 ×
記録媒体 コンパクトフラッシュカード/SDカード コンパクトフラッシュカード
重量 約890g 1530g
シャッター耐久 15万ショット 40万ショット以上

画素数は5D mark4が圧倒的!

1DXが1810万画素に対して、5Dmark4は3040万画素、約1.6倍となっている。風景写真など高画素で撮りたいユーザーは5Dmark4で間違いないだろう。

画像エンジンは1世代進化!

階調性やダイナミックレンジ、ノイズ低減などに影響を及ぼす画像エンジンは1世代進化した。画質向上の面において期待が持てる。

測光性能が向上!

5Dmark4はF8で全測距点での撮影に対応。測光センサーも進化。低輝度限界も-3と暗いシーンでのAF撮影が快適になる。

連写数は1DXに軍配!

フラッグシップ機のお家芸、連写性能は1DXが圧倒的に上だ。スポーツ撮影が目的の場合は1DXの方が良いだろう。

モニター性能の向上!

5Dmark4のモニターは更に精細に、かつタッチパネル対応となっている。

5Dmark4はデュアルピクセルRAW撮影に対応!

後から緩いピントをシャープに出来るデュアルピクセルRAW撮影に対応。ガチピンを目指したい人には夢のような機能だ。

4K動画を撮りたいなら5Dmark4!

5Dmark4は4K動画にも対応している。HDモードでは119.9pでの撮影も可能で、スローモーションも滑らかに撮影できる。

GPSやWi-Fi機能を搭載!

必要な人には必要なこれらの贅沢な機能を、5Dmark4は搭載!

風景やポートレート撮影なら5Dmark4、連写が必要なスポーツ撮影なら1DX!

風景、ポートレート、マクロ撮影なら5Dmark4が威力を発揮するだろう。スポーツ撮影やモータースポーツ撮影なら連写性能に優れた1DXをお薦めしたい。

1DXmark2も発売されているが、お財布が苦しいと感じるなら、1つ世代前のフラッグシップ機でも完成されていて充分高性能なので、型落ちを躊躇う必要はない。