etoile studio

Windows Vistaは32bitか64bitか -自作パソコン失敗体験記 第10回-

今では64bitはPhotoshop使い手の常識ですね。

今では64bitはPhotoshop使い手の常識ですね。

OSのWindows vistaは安価なOEM版(DPS版)にしようかと最初は考えてたのだけれど、OEMの場合、例えばフロッピーディスクドライブ付きのOEM製品を購入すると、FDDが故障したらOEM版のWindowsも使えなくなると記載されていたので、OEM版購入を再検討。

正規版はマイクロソフトの電話サポートが受けられるものの、何でも自分で調べてやる質の人間なので、多分電話かけることはないだろうから、正規版を購入するメリットは特にない。やっぱりFDDが潰れたときにOSが使えなくなるのが痛い。これはFDDが故障したら規約上使えなくなるということなのか、それとも技術的に使えなくなるということなのか。

万が一FDDが壊れたときのことを考えると、正規版の方が安心感がある。FDDを使っているパソコンにしかインストールできないという規約なので、将来的にも色々面倒くさそう。値段はOEM版の1.7倍になる。

32bitと64bitの問題も。OEM版は購入時に32bitか64bitどちらかのバージョンを選ばなければならないが、正規版の場合は、送料などの実費を負担すれば、購入後に64bitバージョンを送付してくれる。

64bitのメリットは、やはりアプリケーションの動きが速くなるらしいということ。64bitは64bitに対応したソフトでないとその性能を発揮できないが、32bitソフトでも速くなるという意見もあれば、速さは変わらず、むしろ64bitにすると動かなくなるソフトが出てくるなどのデメリット面を強調した意見もあり。

64bitも試してみたいけれど、始めは32bitでやってみようかということで、選択肢の余地を残すとすれば、正規版購入が該当かというところに落ち着く。